TOP > 研究報告検索 > ピロール・イミダゾールトリアミド-CPIコンジュゲートによる制限酵素活性阻害

ピロール・イミダゾールトリアミド-CPIコンジュゲートによる制限酵素活性阻害

研究報告コード R000000378
掲載日 2002年9月30日
研究者
  • 藤本 和久
  • 飯田 博一
  • 杉山 弘
研究者所属機関
  • 富山医科薬科大学薬学部(元東京医科歯科大学生体材料工学研究所)
  • 徳島大学歯学部(元東京医科歯科大学生体材料工学研究所)
  • 東京医科歯科大学生体材料工学研究所
研究機関
  • 東京医科歯科大学生体材料工学研究所
報告名称 ピロール・イミダゾールトリアミド-CPIコンジュゲートによる制限酵素活性阻害
報告概要 プラスミド(pQBI PGK)DNAおよびピロール-イミダゾールポリアミド(ImImPyLCPI)を用い,DNAをアルキル化して,制限酵素Eco52Iに対して切断阻害活性があるかをゲル電気泳動で評価した。前記プラスミドをImImPyLCPIの1μM以上で処理を行うと切断活性が完全に阻害された。酵素DraIを用いると,濃度5μMでも完全に切断されることから,ImImPyLCPIがマイナーグループ側から塩基配列を認識,アルキル化することにより,主としてメジャーグループ側からDNAを切断する酵素に対して阻害活性を示すことが分かった。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R000000378_01SUM.gif
研究分野
  • 高分子化学一般
  • 核酸一般
  • 酵素一般
  • 薬物の合成
  • 抗腫よう薬の基礎研究
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業、研究領域「単一分子・原子レベルの反応制御」研究代表者 齋藤 烈(京大工学研究科)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 藤本 和久,飯田 博一,杉山 弘. ピロール・イミダゾールトリアミド-CPIコンジュゲートによる制限酵素活性阻害. 戦略的基礎研究推進事業 単一分子・原子レベルの反応制御 第4回シンポジウム —2期・3期チームの研究進捗— 講演要旨集,2000. p.21 - 21.

PAGE TOP