TOP > 研究報告検索 > 新しいヌクレオシドの設計と合成およびそれらのDNAへの結合

新しいヌクレオシドの設計と合成およびそれらのDNAへの結合

研究報告コード R000000381
掲載日 2002年9月30日
研究者
  • Heike Heckroth
  • 齋藤 烈
研究者所属機関
  • 京都大学大学院工学研究科
  • 京都大学大学院工学研究科
研究機関
  • 京都大学大学院工学研究科
報告名称 新しいヌクレオシドの設計と合成およびそれらのDNAへの結合
報告概要 新規非天然枝分かれオリゴヌクレオチドの合成について検討した。四つの新規枝分かれオリゴヌクレオチド(図1)の合成を300nm以上の紫外線照射により合成でき,DNAに連結できた。できたオリゴヌクレオチドについて光化学的性質について調べた。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R000000381_01SUM.gif
研究分野
  • 高分子化学一般
  • 核酸一般
  • 分子遺伝学一般
  • 薬物の合成
  • 抗腫よう薬の基礎研究
関連発表論文 (1)K. Fujimoto, S. Matsuda, N. Takahashi, I. Saito, J. Am. Chem. Soc. 2000, 122, 5646; K. Fujimoto, N. Ogawa, M. Hayashi, S. Matsuda, I. Saito, Tetrahedron Lett.,2000,41,9437.
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業、研究領域「単一分子・原子レベルの反応制御」研究代表者 齋藤 烈(京大工学研究科)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • Heike Heckroth,齋藤 烈. Design and Synthesis of Novel Nucleosides and their Incorporation into DNA. 戦略的基礎研究推進事業 単一分子・原子レベルの反応制御 第4回シンポジウム —2期・3期チームの研究進捗— 講演要旨集,2000. p.22 - 22.

PAGE TOP