TOP > 研究報告検索 > シガトキシンの全合成研究

シガトキシンの全合成研究

研究報告コード R000000386
掲載日 2002年9月30日
研究者
  • 大石 徹
  • 南雲 陽子
  • 丸山 潤美
  • 庄司 満
  • 大栗 博毅
  • 上原 久俊
  • Le Brazidec J.-Y.
  • 今井 浩人
  • 平間 正博
  • 前田 賢二
研究者所属機関
  • 東北大学大学院理学研究科
  • 東北大学大学院理学研究科
  • 東北大学大学院理学研究科
  • 東北大学大学院理学研究科
  • 東北大学大学院理学研究科
  • 東北大学大学院理学研究科
  • 東北大学大学院理学研究科
  • 東北大学大学院理学研究科
  • 東北大学大学院理学研究科
  • 東北大学大学院理学研究科
研究機関
  • 東北大学大学院理学研究科
報告名称 シガトキシンの全合成研究
報告概要 珊瑚礁周辺の魚介類によって広範囲に起こるシガテラ中毒は,シガトキシンが原因毒であり,電位依存性ナトリウムチャネルに結合し毒性を発現する。有機化学合成的に非常に魅力あるターゲットとしてシガトキシンの全合成へ向けての検討を行った。シガトキシンを左半分と右半分の大きく2つに分け,それぞれのフラグメントを合成した後にカップリングする収束的な合成計画を立てた。オレフィンメタセシス反応を鍵反応としたシガトキシンの各フラグメントの合成法を確立した。現在,全合成の最終段階を検討中である。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R000000386_01SUM.gif R000000386_02SUM.gif
研究分野
  • 環化反応,開環反応
  • 複素環化合物一般
  • 動植物,微生物のその他の産生物質
  • 薬物の合成
関連発表論文 (1)Satake, M.; Morohashi, A.; Oguri, H.; Oishi, T.; Hirama, M.; Harada, N.; Yasumoto, T. J. Am. Chem. Soc. 1997, 119, 11325.
(2)Maeda, K.; Oishi, T.; Oguri, H.; Hirama, M. Chem. Commun. 1999, 1063
(3)Maruyama, M.; Maeda, K.; Oishi, T.; Hirama, M. Heterocycles, in press.
(4)Oishi, T.; Nagumo, Y.; Shoji, M.; Le Brazidec, J.-Y.; Uehara, H.; Hirama, M. Chem. Commun. 1999, 2035.
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業、研究領域「単一分子・原子レベルの反応制御」研究代表者 平間 正博(東北大理学研究科)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 大石 徹,大栗 博毅,上原 久俊,南雲 陽子,丸山 潤美,Le Brazidec J.-Y.,庄司 満,前田 賢二,今井 浩人,平間 正博. シガトキシンの全合成研究. 戦略的基礎研究推進事業 単一分子・原子レベルの反応制御 第4回シンポジウム —2期・3期チームの研究進捗— 講演要旨集,2000. p.28 - 28.

PAGE TOP