TOP > 研究報告検索 > ネオカルジノスタチンクロモフォアの全合成研究

ネオカルジノスタチンクロモフォアの全合成研究

研究報告コード R000000389
掲載日 2002年9月30日
研究者
  • 王 光星
  • 井口 聡
  • 平間 正博
研究者所属機関
  • 東北大学大学院理学研究科
  • 東北大学大学院理学研究科
  • 東北大学大学院理学研究科
研究機関
  • 東北大学大学院理学研究科
報告名称 ネオカルジノスタチンクロモフォアの全合成研究
報告概要 ネオカルジノスタチンクロモフォア(1)合成を目指して,エポキシジン(6),ナフトール酸(4),ヨードシクロペンタエン(5)から7の化合物の作製に成功した。ジイネジオール(8)のカルボメチル化を利用して6を合成した。3の脱水素と1の総合成の可能性について討論した。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R000000389_01SUM.gif
研究分野
  • 付加反応,脱離反応
  • 六員環を含むその他の炭素縮合二環化合物
  • 動植物,微生物のその他の産生物質
関連発表論文 (1)Takahashi, K.; Suzuki, T.; Hirama, M. Tetrahedron lett. 1992, 33, 4603.
(2)Toyama, K.; Iguchi, S.; Oishi, T.; Hirama, M. Synlett, 1997, 381.
(3)Wang, G.X.; Iguchi, S.; Hirama, M. manuscript in preparation.
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業、研究領域「単一分子・原子レベルの反応制御」研究代表者 平間 正博(東北大理学研究科)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 王 光星,井口 聡,平間 正博. ネオカルジノスタチンクロモフォアの全合成研究. 戦略的基礎研究推進事業 単一分子・原子レベルの反応制御 第4回シンポジウム —2期・3期チームの研究進捗— 講演要旨集,2000. p.29 - 29.

PAGE TOP