TOP > 研究報告検索 > シガトキシンHIJKLM環部の合成

シガトキシンHIJKLM環部の合成

研究報告コード R000000392
掲載日 2002年9月30日
研究者
  • 大石 徹
  • 上原 久俊
  • 南雲 陽子
  • 平間 正博
研究者所属機関
  • 東北大学大学院理学研究科
  • 東北大学大学院理学研究科
  • 東北大学大学院理学研究科
  • 東北大学大学院理学研究科
研究機関
  • 東北大学大学院理学研究科
報告名称 シガトキシンHIJKLM環部の合成
報告概要 シガトキシン(1)の全合成研究を行っている。既に,IJKLM環部2の合成は完了している。更に全合成に向け,2の大量供給と,2からHIJKLM環部3への誘導が課題となっている。そこで,2の合成ルートの改善と,2から3への変換について検討した。低原子価チタンを用いるジチオアセタール7の分子内カルボニルオレフィン化反応を得てIJKLM環部2の合成ルートを改善することができた。また,IJ環からH環を伸長し,HIJ環部の合成を利用して,2から3への変換を行い,HIJKLM環部3の合成に成功した。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R000000392_01SUM.gif R000000392_02SUM.gif R000000392_03SUM.gif
研究分野
  • 環化反応,開環反応
  • 複素環化合物一般
  • 動植物,微生物のその他の産生物質
関連発表論文 (1)M. Maruyama, K. Maeda, T. Oishi, H. Oguri and M. Hirama, Heterocycles, in press.
(2)T. Oishi, Y. Nagumo, M. Shoji, J-Y. Le Brazidec, H. Uehara and M. Hirama, Chem. Commun., 1999, 2035.
(3)T. Oishi, K. Maeda and M. Hirama, Chem. Commun., 1997, 1289.
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業、研究領域「単一分子・原子レベルの反応制御」研究代表者 平間 正博(東北大理学研究科)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 大石 徹,上原 久俊,南雲 陽子,平間 正博. シガトキシンHIJKLM環部の合成. 戦略的基礎研究推進事業 単一分子・原子レベルの反応制御 第4回シンポジウム —2期・3期チームの研究進捗— 講演要旨集,2000. p.31 - 31.

PAGE TOP