TOP > 研究報告検索 > ゾアンタミン類の合成法の開発と核内受容体との相互作用解析

ゾアンタミン類の合成法の開発と核内受容体との相互作用解析

研究報告コード R000000393
掲載日 2002年9月30日
研究者
  • 平井 剛
  • 大栗 博毅
  • Sameh M. Maharram
  • 平間 正博
研究者所属機関
  • 東北大学大学院理学研究科
  • 東北大学大学院理学研究科
  • 東北大学大学院理学研究科
  • 東北大学大学院理学研究科
研究機関
  • 東北大学大学院理学研究科
報告名称 ゾアンタミン類の合成法の開発と核内受容体との相互作用解析
報告概要 ゾアンタミン類(1-3)の特異な分子構造と生理活性の魅力から,現在,合成研究が活発に進められている。効率的全合成を目指し,3つの4級炭素を有するABC環部(4)の構築に取り組んでいる。α-アルコキシスタナンとしたA環部(5)とC環部エノン(6)とのカップリング反応は高収率で進行し,21位に関して単一の7を合成することができた。次に,12位を立体制御しながら,ABC環部骨格を構築すべく,分子内溝呂木-Heck反応を検討した結果,14を合成できることが分かった。ゾアンタミン類と核内受容体との相互作用を蛍光偏光度測定システムを用いて検討したので報告した。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R000000393_01SUM.gif R000000393_02SUM.gif R000000393_03SUM.gif
研究分野
  • 反応の立体化学
  • 四環以上の炭素縮合多環化合物
  • 動植物,微生物のその他の産生物質
  • 薬物の合成
関連発表論文 (1)G. Hirai, H. Oguri, M. Hirama, Chem. Lett., 141 (1999)
(2)G. Hirai, H. Oguri, S.M. Moharram, K. Koyama, and M. Hirama Tetrahedron Lett, 2001, 5783.
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業、研究領域「単一分子・原子レベルの反応制御」研究代表者 平間 正博(東北大理学研究科)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 平井 剛,大栗 博毅,Sameh M. Maharram,平間 正博. ゾアンタミン類の合成法の開発と核内受容体との相互作用解析. 戦略的基礎研究推進事業 単一分子・原子レベルの反応制御 第4回シンポジウム —2期・3期チームの研究進捗— 講演要旨集,2000. p.31 - 31.

PAGE TOP