TOP > 研究報告検索 > ピバリン酸アミド架橋白金(III)2核錯体と各種アルキンとの反応およびα-アミノケトンの合成

ピバリン酸アミド架橋白金(III)2核錯体と各種アルキンとの反応およびα-アミノケトンの合成

研究報告コード R000000406
掲載日 2002年9月30日
研究者
  • 山田 潤
  • 林 泳寿
  • 三澤 英絵
  • 松本 和子
研究者所属機関
  • 早稲田大学理工学部
  • 早稲田大学理工学部
  • 早稲田大学理工学部
  • 早稲田大学理工学部
研究機関
  • 科学技術振興事業団
  • 早稲田大学理工学部
報告名称 ピバリン酸アミド架橋白金(III)2核錯体と各種アルキンとの反応およびα-アミノケトンの合成
報告概要 ケトンとアミド架橋白金(2.25+)4核錯体〔Pt4(C5H10NO)4(NH3)85+との反応により,ケトンのC-H活性を経てケトアルキル配位白金(III)2核錯体を形成することが報告されている。この時白金の電子状態はR-Pt(IV)-Pt(II)に近い状態であり,α-炭素が欠電子性になり求核攻撃性を受けやすくなると考えられている。今回,アミド架橋白金(III)2核錯体と各種アルキンとの反応においてもケトアルキル配位白金錯体が生成され,これらの錯体とHNEt2との反応でα-アミノケトンを得ることができた。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R000000406_01SUM.gif R000000406_02SUM.gif
研究分野
  • 白金族元素の錯体
  • アルキン
  • 脂肪族ケトン
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業、研究領域「単一分子・原子レベルの反応制御」研究代表者 松本 和子(早稲田大学理工学部)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 山田 潤,林 泳寿,三澤 英絵,松本 和子. ピバリン酸アミド架橋白金(III)2核錯体と各種アルキンとの反応およびα-アミノケトンの合成. 戦略的基礎研究推進事業 単一分子・原子レベルの反応制御 第4回シンポジウム —2期・3期チームの研究進捗— 講演要旨集,2000. p.41 - 41.

PAGE TOP