TOP > 研究報告検索 > 完全フォトクロミック反応系の構築

完全フォトクロミック反応系の構築

研究報告コード R000000411
掲載日 2002年9月30日
研究者
  • 入江 正浩
研究者所属機関
  • 九州大学大学院工学研究科
研究機関
  • 九州大学大学院工学研究院
報告名称 完全フォトクロミック反応系の構築
報告概要 フォトクロミック分子は,光の照射により可逆的に分子構造を変える性質を持ち,様々な分子物性が光変化する。このフォトクロミック分子を対象として,分子構造の最適化,反応空間の規制,結晶反応場の利用等により,副反応を完全に排除した高耐久・高感度可逆光反応系を構築することを目指している。具体的には,研究代表者らが初めて開発した熱安定フォトクロミックジアリルエテン分子群について,その性質を極限(高効率性:主光反応量子収率=1,高選択性:副反応量子収率=0)にまで高め,これまでにない新しい光特性を持つ分子材料とすることを目指している。研究実施内容は,ジエチニルエテンオリゴマーの量子収率,結晶フォトクロミズムの量子収率,ジエチニルエテン単結晶のフォトクロミズム,分子内磁性相互作用の光制御,などにおいて多くの知見が得られている。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R000000411_01SUM.gif
研究分野
  • 光伝送素子
  • 光学的効果
  • 光化学一般
  • 五員複素環化合物一般
  • 高分子固体の力学的性質
関連発表論文 (1)S. Kobatake, K. Shibata, K. Uchida, M. Irie Photochromism of 1,2-Bis(2-ethyl-5-phenyl-3-thienyl)perfluorocyclopentene in a Single-Crystalline Phase. Conrotatory Thermal Cycloreversion of the Closed-Ring Isomer J. Am. Chem. Soc., 122, 12135-12141 (2000)
(2)T. Kodani, K. Matsuda, T. Yamada, S. Kobatake, M. Irie Reversible Diastereoselective Photocyclization of a Diarylethene in a Single-Crystalline Phase J. Am. Chem. Soc., 122, 9631-9637 (2000)
(3)K. Matsuda, M. Irie Photoswitching of Intramolecular Magnetic Interaction Using a Photochromic Spin Coupler: An ESR Study J. Am. Chem. Soc., 122, 8309-8310 (2000)
(4)K. Matsuda, M. Irie A Diarylethene with Two Nitronyl Nitroxides: Photoswitching of Intramolecular Magnetic Interaction J. Am. Chem. Soc., 122, 7195-7201 (2000)
(5)M. Irie, T. Lifka, S. Kobatake, N. Kato Photochromism of 1,2-Bis(2-methyl-5-phenyl-3-thienyl)perfluorocyclopentene in a Single-Crystalline Phase J. Am. Chem. Soc., 122, 4871-4876 (2000)
(6)T. Yamada, S. Kobatake, K. Muto, M. Irie X-ray Crystallographic Study on Single-Crystalline Photochromism of Bis(2,5-dimethyl-3-thienyl)perfluorocyclopentene J. Am. Chem. Soc., 122, 1589-1592 (2000)
(7)M. Irie Diarylethenes for Memories and Switches Chem. Rev., 100, 1685-1716 (2000)
(8)T. Yamaguchi, T. Inagawa, H.Nakazumi, S. Irie Photoswitching of Helical Twisting Power of a Chiral Diarylethene Dopant: Pitch Change in a Chiral Nematic Liquid Crystal Chem. Master., 12, 869-871(2000).
(9)T. Yamada, S. Kobatake, M. Irie X-Ray Crystallographic Study on Single-Crystalline Photochromism of 1,2-Bis(2,5-dimethyl-3-thienyl)perfluorocyclopentene Bull. Chem. Soc. Jpn., 73, 2179-2184(2000)
(10)K. Matsuda, M. Irie Photoswitching of Intramolecular Magnetic Interaction: A Diarylethene Photochromic Spin Coupler Chem. Lett., 16-17(2000)
(11)S. Kobatake, M. Yamada, T. Yamada, M. Irie Photochromism of 1,2-Bis(2-methyl-6-nitro-1-benzothiophen-3-yl)-perfluorocyclopentene in a Single-Crystalline Phase: Dichroism of the Closed-Ring Form Isomer J. Am. Chem. Soc., 121, 8450-8456(1999)
(12)S.Kobatake, T. Yamada, K. Uchida, N. Kato, M. Irie Photochromism of 1,2-Bis(2,5-dimethyl-3-thienyl)perfluorocyclopentene in a Single Crystalline Phase J.Am. Chem. Soc., 121, 2380-2386 (1999)
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業、研究領域「単一分子・原子レベルの反応制御」研究代表者 入江 正浩(九大工学研究科)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 入江 正浩. 完全フォトクロミック反応系の構築. 戦略的基礎研究推進事業 単一分子・原子レベルの反応制御 第4回シンポジウム —2期・3期チームの研究進捗— 講演要旨集,2000. p.47 - 47.

PAGE TOP