TOP > 研究報告検索 > 単結晶フォトクロミズムの反応機構

単結晶フォトクロミズムの反応機構

研究報告コード R000000417
掲載日 2002年9月30日
研究者
  • 小畠 誠也
  • Thorsten Lifka
  • 入江 正浩
研究者所属機関
  • 九州大学大学院工学研究科
  • 九州大学大学院工学研究科
  • 九州大学大学院工学研究科
研究機関
  • 九州大学大学院工学研究院
報告名称 単結晶フォトクロミズムの反応機構
報告概要 結晶状態では,分子が固定され特定の反応のみ選択的に起こるため,高い量子収率が期待され,また繰り返し耐久性も高くなる。本研究では,単結晶フォトクロミズムの反応機構を明らかにすることを目的として,1,2-ビス(2-メチル-5-フェニル-3-チエニル)ペルフルオロシクロペンテン誘導体の光閉環・光開環反応性を検討した。単結晶1a,2aおよび3aはヘキサンから再結晶して得た。無色の結晶1a,2aおよび3aに紫外光を照射すると,青色に着色した。可視光照射により元の無色の結晶へと戻った。着色した結晶の偏光吸収スペクトルを測定すると吸収に異方性が観察され,結晶状態で反応が進行していることが確認された。単結晶の光閉環反応および光開環反応の温度依存性を測定し,光反応励起状態での活性化エネルギーを決定した。1の単結晶のフォトクロミズムのエネルギーダイアグラムは図1のようになった。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R000000417_01SUM.gif
研究分野
  • 光伝送素子
  • 光学的効果
  • 光化学一般
  • シクロペンタン系
  • 高分子固体の構造と形態学
関連発表論文 (1)M.Irie, T. Lifka, S. Kobatake, N. Kato, J. Am. Chem. Soc., 122, 4871-4876 (2000)
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業、研究領域「単一分子・原子レベルの反応制御」研究代表者 入江 正浩(九大工学研究科)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 小畠 誠也,Thorsten Lifka,入江 正浩. 単結晶フォトクロミズムの反応機構. 戦略的基礎研究推進事業 単一分子・原子レベルの反応制御 第4回シンポジウム —2期・3期チームの研究進捗— 講演要旨集,2000. p.50 - 50.

PAGE TOP