TOP > 研究報告検索 > キラルなジアリールエテンによるネマチック液晶の光誘起ピッチ変化

キラルなジアリールエテンによるネマチック液晶の光誘起ピッチ変化

研究報告コード R000000419
掲載日 2002年9月30日
研究者
  • 山口 忠承
  • 中澄 博行
  • 入江 正浩
研究者所属機関
  • 大阪府立大学大学院工学研究科
  • 大阪府立大学大学院工学研究科
  • 九州大学大学院工学研究科
研究機関
  • 九州大学大学院工学研究院
  • 大阪府立大学大学院工学研究科
報告名称 キラルなジアリールエテンによるネマチック液晶の光誘起ピッチ変化
報告概要 不斉なジアリルエテン分子を添加することにより,液晶相が光照射により可逆に相変化することが見出された。液晶を用いることにより,ジアリルエテン分子自身の物性変化の変換や増幅が期待され,選択的反射を用いた非破壊読み出し可能なメモリー材料への応用が期待される。本研究では,2つのジアリルエテン部位を有する不斉な化合物をK-15やZLI-1840などのネマチック液晶相へ添加し,液晶相のピッチが可逆に変化する系の構築を試みた。化合物1はヘキサンや酢酸エチル中においてフォトクロミック反応性を示した。化合物1をネマチック液晶K-15中に導入した液晶相のピッチ変化を調べた。化合物1は,添加により光照射に伴い大きくピッチ変化をすることが分かった(図1)。化合物1の開環時は,液晶相のねじれを示すパターンが認められず,見かけ上ネマチック状態を示すことが分かった。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R000000419_01SUM.gif
研究分野
  • 光伝送素子
  • 光学的効果
  • 光化学一般
  • 五員複素環化合物一般
  • 高分子固体の力学的性質
関連発表論文 (1)T. Yamaguchi, T. Inagawa, H. Nakazumi, S. Irie, and M. Irie, Chem. Mat., 12, 869 (2000).
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業、研究領域「単一分子・原子レベルの反応制御」研究代表者 入江 正浩(九大工学研究科)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 山口 忠承,中澄 博行,入江 正浩. キラルなジアリールエテンによるネマチック液晶の光誘起ピッチ変化. 戦略的基礎研究推進事業 単一分子・原子レベルの反応制御 第4回シンポジウム —2期・3期チームの研究進捗— 講演要旨集,2000. p.51 - 51.

PAGE TOP