TOP > 研究報告検索 > 機能性分子カプセルの定量的自己集合

機能性分子カプセルの定量的自己集合

研究報告コード R000000439
掲載日 2002年9月30日
研究者
  • 津久井 仁
  • 梅本 和彦
  • 藤田 誠
研究者所属機関
  • 名古屋大学大学院工学研究科
  • 総合研究大学院大学
  • 名古屋大学大学院工学研究科
研究機関
  • 総合研究大学院大学
  • 名古屋大学大学院工学研究科
報告名称 機能性分子カプセルの定量的自己集合
報告概要 分子集合体を多成分の自己集合によって構築することを目的として,平面構造を有する分子をパネルに見立て,その分子パネルを配位結合によって三次元ナノ構造への自発的かつ定量的な構築に成功した。分子パネルとなる配位子は正三角形の平面構造を有するものとし,配位点となる窒素数や位置を設計することによって自己集合によって分子が構築されることが分かった。本研究では,5座配位子物質と(en)Pd(NO3)2から6面体カプセルが定量的に自己集合することを見出した(図1)。6面体カプセルには欠損部位の異なる様々な構造異性体があるが,NMR解析によると一義的に1つの6面体構造が形成されることが判明した。このカプセルはCBr4のようなゲスト分子を骨格内部の疎水性空間に包接することができた。更に,外部の環境を変化させることによってゲスト分子の放出・包接を可逆的に制御できるため,分子キャリアーとしての可能性が示唆された。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R000000439_01SUM.gif
研究分野
  • 白金族元素の錯体
  • 分子化合物
  • 反応の立体化学
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業、研究領域「単一分子・原子レベルの反応制御」研究代表者 藤田 誠(名古屋大工学研究科)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 梅本 和彦,津久井 仁,藤田 誠. 機能性分子カプセルの定量的自己集合. 戦略的基礎研究推進事業 単一分子・原子レベルの反応制御 第4回シンポジウム —2期・3期チームの研究進捗— 講演要旨集,2000. p.68 - 68.

PAGE TOP