TOP > 研究報告検索 > 自己集合性高次インターロック化合物の設計と合成

自己集合性高次インターロック化合物の設計と合成

研究報告コード R000000440
掲載日 2002年9月30日
研究者
  • 堀 顕子
  • 赤坂 彰彦
  • 藤田 誠
  • 山口 健太郎
研究者所属機関
  • 名古屋大学大学院工学研究科
  • 名古屋大学大学院工学研究科
  • 名古屋大学大学院工学研究科
  • 千葉大学分析センター
研究機関
  • 千葉大学分析センター
  • 名古屋大学大学院工学研究科
報告名称 自己集合性高次インターロック化合物の設計と合成
報告概要 化学構造を介さずにリング状に連結された環状化合物(カテナン)の合成について述べた。このような結合様式は新規な構造として期待が持たれている。本研究においては,新規配位子及び2価貴金属錯体[(en)MNO3)2](ここでM=Pd,Pt)からのカテナンの合成を研究した。N原子含有複素環化合物の配位子の中心部は二重螺旋的に互いに認識し合ってカテナンを形成すことが動力学的計算から予測できた。図1の1a及び2aは速い平衡系にあるが,非極性溶媒中では1aに,極性溶媒中では2aに収束した。この平衡は濃度依存性があり,高濃度では2aの割合が高くなった。また,1H-NMR,19F-NMR解析によると,カテナン化の際にヘリカル不斉が生じているものと想定された。更に,極性溶媒中では3の構造の約60%がカテナン化によって二量化し,濃度が高くなるとカテナンのポリマ化が進行したと思われる白色沈殿物が析出することが分かった。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R000000440_01SUM.gif
研究分野
  • 高分子の結晶構造
  • 有機化合物のNMR
  • 白金族元素の錯体
  • 芳香族単環ハロゲン化合物
  • 重合反応一般
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業、研究領域「単一分子・原子レベルの反応制御」研究代表者 藤田 誠(名古屋大工学研究科)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 堀 顕子,赤坂 彰彦,藤田 誠,山口 健太郎. 自己集合性高次インターロック化合物の設計と合成. 戦略的基礎研究推進事業 単一分子・原子レベルの反応制御 第4回シンポジウム —2期・3期チームの研究進捗— 講演要旨集,2000. p.69 - 69.

PAGE TOP