TOP > 研究報告検索 > 低次元超構造のコンビナトリアル分子層エピタキシー

低次元超構造のコンビナトリアル分子層エピタキシー

研究報告コード R000000481
掲載日 2002年9月30日
研究者
  • 鯉沼 秀臣
研究者所属機関
  • 東京工業大学応用セラミックス研究所
研究機関
  • 東京工業大学フロンティア創造共同研究センター
報告名称 低次元超構造のコンビナトリアル分子層エピタキシー
報告概要 人工的に設計された結晶,超格子,ナノデバイスの開発効率を飛躍的に高める革新的高速合成・評価技術を確立し,新たな物質機能を組織的に探索することを目的とした。これまでに開発を行ってきたコンビナトリアル合成装置,材料設計のための計算機シミュレーションプログラムや高速評価装置について,さらに汎用性を高める改良を行うとともに,コンビ手法をデバイスプロセスなど他のプロセスに適用するなど,積極的な展開を図った。一方,高速評価については,前年度の走査型マイクロ波顕微鏡,走査型X線回折に加え,走査型SQUID顕微鏡を用いた高速磁気特性評価法の協同研究,一括X線回折装置の企業との共同開発など,コンビナトリアル合成に見合った高速評価法の開発に著しい進展が見られた。具体的な研究内容を,
1)酸化物超構造の形成と評価,
2)超構造の設計,
3)超構造の光物性,
4)π共役系の作成と評価,
の項目で述べた。
研究分野
  • 酸化物の結晶成長
  • 薄膜一般
  • 光物性一般
  • 塩基,金属酸化物
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業、研究領域「単一分子・原子レベルの反応制御」研究代表者 鯉沼 秀臣(東工大フロンティア創造研究センター)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 鯉沼 秀臣. 低次元超構造のコンビナトリアル分子層エピタキシー. 戦略的基礎研究推進事業 単一分子・原子レベルの反応制御 第4回シンポジウム —2期・3期チームの研究進捗— 講演要旨集,2000. p.101 - 103.

PAGE TOP