TOP > 研究報告検索 > レーザーMBE法により成膜された高品質コンビナトリアルアナターゼ相酸化チタン薄膜および六方晶ZnS薄膜の光学的評価

レーザーMBE法により成膜された高品質コンビナトリアルアナターゼ相酸化チタン薄膜および六方晶ZnS薄膜の光学的評価

研究報告コード R000000490
掲載日 2002年9月30日
研究者
  • 牧野 哲征
  • 瀬川 勇三郎
  • 村上 真
  • 松本 祐司
  • 劉 泳祚
  • 福村 知昭
  • 川崎 雅司
  • 鯉沼 秀臣
研究者所属機関
  • 理化学研究所フォトダイナミクス研究センター
  • 理化学研究所フォトダイナミクス研究センター
  • 東京工業大学応用セラミックス研究所
  • 東京工業大学応用セラミックス研究所
  • 東京工業大学応用セラミックス研究所
  • 東京工業大学総合理工/現 東北大学金属材料研究所
  • 東北大学金属材料研究所
  • 東京工業大学応用セラミックス研究所
研究機関
  • 東京工業大学フロンティア創造共同研究センター
  • 東京工業大学応用セラミックス研究所
  • 東京工業大学総合理工学部
  • 理化学研究所 フロンティア研究システム光物性研究チーム
  • 文部科学省 物質・材料研究機構(旧無機材料研究所)コンビ研
報告名称 レーザーMBE法により成膜された高品質コンビナトリアルアナターゼ相酸化チタン薄膜および六方晶ZnS薄膜の光学的評価
報告概要 格子整合性のよいLaAlO3基板上にエピタキシャル条件で成膜されたアナターゼ薄膜における光学的性質について検討した。室温での吸収スペクトルを測定した結果,3.9eV付近と5.8eV付近に吸収ピークが観察された。これらの共鳴エネルギーは,バルク単結晶における間接的に求められた吸収スペクトルや文献にある理論計算のスペクトルと定性的な一致が見られた。更に,5Kではアナターゼ薄膜は緑色発光を示した。次に,パルスレーザ堆積法を用いてsappire上に800℃以上の高温で作製した六方晶薄膜の光学特性について検討した。室温でも励起子による吸収ピークが観測された。これは,励起子束縛エネルギーが室温の熱エネルギーよりも大きいことを反映していた。また,このエピ膜の結晶性の良さ,均質性を示すものであった。
研究分野
  • 酸化物の結晶成長
  • 酸化物薄膜
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業、研究領域「単一分子・原子レベルの反応制御」研究代表者 鯉沼 秀臣(東工大フロンティア創造研究センター)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 牧野 哲征,瀬川 勇三郎,村上 真,松本 祐司,劉 泳祚,福村 知昭,川崎 雅司,鯉沼 秀臣. コンビナトリアルレーザーMBE法により成膜された高品質アナターゼ相酸化チタン薄膜および六方晶ZnS薄膜の光学的評価. 戦略的基礎研究推進事業 単一分子・原子レベルの反応制御 第4回シンポジウム —2期・3期チームの研究進捗— 講演要旨集,2000. p.108 - 108.

PAGE TOP