TOP > 研究報告検索 > 光子を用いた量子計算

光子を用いた量子計算

研究報告コード R000000561
掲載日 2002年9月30日
研究者
  • 竹内 繁樹
  • 辻野 賢治
研究者所属機関
  • 北海道大学電子科学研究所電子計測制御部門
  • 北海道大学電子科学研究所
研究機関
  • 北海道大学電子科学研究所
報告名称 光子を用いた量子計算
報告概要 本研究は光子を用いた量子計算に関する。量子ビット用の諸候補中で光子のみが量子状態で数十キロメートルの伝達が可能である。光子のもつれを扱う技術を開発することは,量子計算機のコンセプトにおいて情報の入出力法を構築する上で重要となる。例えば量子位相ゲート(QPG)の様なもつれを扱うデバイスを創造すべく幾つか試みが成されてきたが,可視/近赤外域の光子を扱うQPGは実現を見てない。これを実現するためのアプローチとして,分離されている光子間でもつれを発生させるために量子テレポートを利用する報告がある。しかし,光子を用いて実験的に量子テレポートを実現するには幾つかの障害があり,その1つが「後選択」である。本報では,将来のマルチ光子もつれ操作の実現に向け,光子を初段に用いる非後選択量子テレポートの実現検討を示した。基本手法を1図に示す。2つのEPRソースが同時に光子を放出するとき光子Bの偏光が光子Dにテレポートする。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R000000561_01SUM.gif
研究分野
  • 光学情報処理
  • 光デバイス一般
  • 光デバイス
  • 計算機
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業、研究領域「電子・光子等の機能制御」研究代表者 北川 勝浩(大阪大学大学院基礎工学研究科)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 竹内 繁樹,辻野 賢治. Quantum Computation using Photons. 戦略的基礎研究推進事業「電子・光子等の機能制御」The First CREST Symposium on ''Function Evolution of Materials and Devices based on Electron/Photon Related Phenomena'',2000. p.105 - 106.

PAGE TOP