TOP > 研究報告検索 > らせんのマジックショー(らせんを知る・創る・観る・操る)

らせんのマジックショー(らせんを知る・創る・観る・操る)

研究報告コード R000000579
掲載日 2002年9月30日
研究者
  • 藤木 道也
研究者所属機関
  • 日本電信電話(株)物性科学基礎研究所
研究機関
  • 日本電信電話(株)
報告名称 らせんのマジックショー(らせんを知る・創る・観る・操る)
報告概要 ポリ光学活性アルキルシラン,光学活性アルキルシランランダム共重合体,ポリ光学活性アルキルシラン混合物のCDスペクトル,紫外スペクトル,蛍光スペクトルを調べた(図1)。組成,光学活性アルキル基,溶媒,温度によるらせん構造の違いを明らかにし,らせんーらせん転移温度(図2)を見いだした。可逆的なスイッチ,光学活性メモリとして可能性あるポリシラン材料,サーモトロピックコレステリック液晶を見いだし,ポリシラン分子の剛直性,薄膜のパッキング構造を走査型トンネル顕微鏡,X線回折により明らかにした。円偏光蛍光分光計により希薄溶液中で円偏光発光(CPPL)を検出した。加熱急冷キラル側鎖ポリフルオレン薄膜(図3)が光書込み・光読出しの可能性があった。その他ポリイソシアネートや天然多糖高分子シゾフィランのらせん構造,光学活性キラル分子の基礎,タンパク類似のポリ(βーフェニルプロピルーL-アスパルテート)のらせん転移機構を解明した。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R000000579_01SUM.gif R000000579_02SUM.gif R000000579_03SUM.gif
研究分野
  • 液晶
  • 固相転移
  • 有機化合物のルミネセンス
  • 高分子固体の構造と形態学
  • 高分子固体の物理的性質
関連発表論文 (1)J.R. Koe, M. Fujiki, and H. Nakashima, J. Am. Chem. Soc. 1999, 121, 9734.
(2)(a) J.R. Koe, M. Fujiki, and H. Nakashima, Chem. Commun. 2000, 389. (b) Editors's choice, Science 2000, 287, 2117.
(3)J.R. Koe, M. Fujiki, M. Motonaga, and H. Nakashima, Macromolecules (accepted).
(4)M. Fujiki, J. Am. Chem. Soc. 2000, 122, 3336.
(5)M. Fujiki, J.R. Koe, H. Nakashima, M. Motonaga, K. Terao, and A. Teramoto, submitted to J. Am. Chem. Soc.
(6)K. Terao, Y. Iwamoto-Terao, A. Teramoto, N. Nakamura, T. Sato, and M. Fujiki, submitted to J. Am. Chem. Soc.
(7)H. Nakashima, M. Fujiki, J.R. Koe, and M. Motonaga, J. Am. Chem. Soc. (accepted)
(8)M. Fujiki, H. Nakashima, and J.R. Koe, 7th Int'l Symp. Circular Dichroism (CD99) (1999, Aug, Mierki, Poland).
(9)藤木、中島、コウ、張、本永,特願2000-107154.
(10)H. Tang, M. Fujiki, M. Motonaga, and K. Torimitsu, 221st ACS National Meeting (2001, Apr, San Diego, US), Polym. Prepr. (submitted).
(11)藤木、中島,電気通信,2000,63(642),14.
(12)藤木、唐、特願 2000-357153
(13)渡辺、藤木、特願平11-352030.
(14)M. Fujiki, H. Kamee, J. Watanabe, Pacifichem 2000 (2000, Dec, Honolulu).
(15)亀江、渡邊、藤木(本シンポジウムポスター発表)
(16)国武、大平、藤木、中島(未発表データ)
(17)M. Fujiki, S. Toyoda, C-H. Yuan, and H. Takigawa, Chirality, 1998, 10, 667.
(18)K. Ebihara, S. Koshihara, M. Yoshimoto, T. Maeda, T. Ohnishi, H. Koinuma, and M. Fujiki, Jpn. J. Appl. Phys., 1997, 36, L1211.
(19)K. Furukawa, K. Ebata, and M. Fujiki, Adv. Mater. 2000, 12, 1033.
(20)M. Fujiki, 12th Int'l Symp. Chiral Discrimination (ISCD2000) (2000, Sep, Chamonix).
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業、研究領域「分子複合系の構築と機能」研究代表者 藤木 道也(日本電信電話(株))/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 藤木 道也. らせんのマジックショー(らせんを知る・創る・観る・操る). 戦略的基礎研究推進事業 分子複合系の構築と機能 平成12年度 シンポジウム,2000. p.3 - 10.

PAGE TOP