TOP > 研究報告検索 > 多置換スチレン誘導体の調整

多置換スチレン誘導体の調整

研究報告コード R000000602
掲載日 2002年9月30日
研究者
  • Zhenfeng Xi
  • Zhiping Li
  • Hairong Guan
  • Pixu Li
  • 高橋 保
研究者所属機関
  • 北京大学北海道大学共同研究室
  • 北海道大学触媒化学研究センター
  • 北京大学北海道大学共同研究室
  • 北京大学北海道大学共同研究室
  • 北海道大学触媒化学研究センター
研究機関
  • 北京大学北海道大学共同研究室
  • 北海道大学触媒化学研究センター
報告名称 多置換スチレン誘導体の調整
報告概要 スチレン誘導体は高分子化学と高分子工業にとって重要である。遷移金属を介した,三アルキン分子のシクロトリメリゼーション環化反応により,多置換スチレン誘導体を調製する新しい方法を見いだした。例えばジメチルアセチレンの二分子と図1に示す様なジメチルアセチレン誘導体と反応させて,テトラメチルスチレンを得た。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R000000602_01SUM.gif
研究分野
  • 環化反応,開環反応
  • 芳香族単環炭化水素
  • ポリスチレン
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業、研究領域「分子複合系の構築と機能」研究代表者 高橋 保(北海道大学触媒化学研究センター)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • Zhenfeng Xi,Zhiping Li,Hairong Guan,Pixu Li,高橋 保. Preparation of Substituted Styrene from Zirconacyclopentadienes. 戦略的基礎研究推進事業 分子複合系の構築と機能 平成12年度 シンポジウム,2000. p.44 - 44.

PAGE TOP