TOP > 研究報告検索 > ジルコナサイクルへの不飽和結合の直接挿入による含窒素複素環合成

ジルコナサイクルへの不飽和結合の直接挿入による含窒素複素環合成

研究報告コード R000000605
掲載日 2002年9月30日
研究者
  • 伊藤 大地
  • 劉 元紅
  • 徐 峰
  • 中島 清彦
  • 高橋 保
研究者所属機関
  • 北海道大学触媒化学研究センター
  • 北海道大学触媒化学研究センター
  • 北海道大学触媒化学研究センター
  • 北海道大学触媒化学研究センター
  • 北海道大学触媒化学研究センター
研究機関
  • 北海道大学触媒化学研究センター
報告名称 ジルコナサイクルへの不飽和結合の直接挿入による含窒素複素環合成
報告概要 ジルコナサイクルは2価のジルコニウム上で2分子のアルキンやアルケンをカップリングさせることで容易に得ることができるが,これらジルコナシクロペンタジエン等から6員環ヘテロサイクルを合成する方法はまだ見いだされていない。今回ジルコナシクロペンタジエンとヘテロ元素を含む不飽和化合物との反応により6員環ヘテロサイクルの合成法の開発を目指した。ジルコナシクロペンタジエンを系中で発生させ,これにニトリル基を2つ持つイミンを反応させた所,ピリジン誘導体(図1)が収率良く生成することを見いだした。この反応では通常当研究室で開発してきた銀塩やニッケル錯体などへのトランスメタル化反応を必要としない。またジルコナシクロペンタジエンに対して,塩化銅(1)を作用させた後,アゾカルボン酸エステルを反応させることでピリダジン誘導体(図2)を合成することに成功した。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R000000605_01SUM.gif R000000605_02SUM.gif
研究分野
  • 均一系触媒反応
  • 第4族,第5族元素の錯体
  • 六員複素環化合物一般
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業、研究領域「分子複合系の構築と機能」研究代表者 高橋 保(北海道大学触媒化学研究センター)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 伊藤 大地,劉 元紅,徐 峰,中島 清彦,高橋 保. ジルコナサイクルへの不飽和結合の直接挿入による含窒素複素環合成. 戦略的基礎研究推進事業 分子複合系の構築と機能 平成12年度 シンポジウム,2000. p.45 - 45.

PAGE TOP