TOP > 研究報告検索 > ビス(イミダゾリルポルフィリン)による分子ワイヤと光合成モデルの構築

ビス(イミダゾリルポルフィリン)による分子ワイヤと光合成モデルの構築

研究報告コード R000000606
掲載日 2002年9月30日
研究者
  • 小川 和也
  • 小夫家 芳明
研究者所属機関
  • 奈良先端科学技術大学院大学
  • 奈良先端科学技術大学院大学物質創成科学研究科
研究機関
  • 奈良先端科学技術大学院大学
報告名称 ビス(イミダゾリルポルフィリン)による分子ワイヤと光合成モデルの構築
報告概要 光合成モデルの構築には天然クロロフィルとの類似性等からポルフィリンが使われ,その多量体が分子デバイス材料として優れた光学特性を持つことが示された。配位結合を利用して,結合と解裂を容易に制御することができるポルフィリンの超分子組織化体の構築を目指し,人工合成系および分子デバイスへのアプローチを試みている。共有結合で連結したビス(イミダゾリルポルフィリン)3a(図1)へ亜鉛を挿入することにより,亜鉛とイミダゾールとの間の相補的配位結合によりポルフィリンの多量組織体4(図2)が得られた。GPCからこの多量体の分子量は10万を分布の頂点に50万まで達し,重合度nは80~400,分子鎖長は110~550nmで,AFMからこの多量体は一次元方向に伸びたひも状組織体であることを確認した。4のCHCl3溶液にMeOHを30%添加すると単量体3bへ解離し,末端分子1bとの再組織化によりオリゴマー(図3)が得られた。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R000000606_01SUM.gif R000000606_02SUM.gif R000000606_03SUM.gif
研究分野
  • 第11族,第12族元素の錯体
  • 高分子の立体構造
  • 高分子の分子量分布,分別
  • 高分子の分解,劣化
  • 光合成
関連発表論文 (1)K. Ogawa and Y. Kobuke, Angew. Chem. Int. Ed., 39, 4070-4073(2000).
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業、研究領域「分子複合系の構築と機能」研究代表者 小夫家 芳明(奈良先端科学技術大学院大学物質創成科学研究科)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 小川 和也,小夫家 芳明. ビス(イミダゾリルポルフィリン)による分子ワイヤと光合成モデルの構築. 戦略的基礎研究推進事業 分子複合系の構築と機能 平成12年度 シンポジウム,2000. p.46 - 46.

PAGE TOP