TOP > 研究報告検索 > ペプチド型信号伝達機能の構築とその機能制御

ペプチド型信号伝達機能の構築とその機能制御

研究報告コード R000000611
掲載日 2002年9月30日
研究者
  • 土井 智清
  • 木下 隆利
研究者所属機関
  • 名古屋工業大学工学部
  • 名古屋工業大学工学部
研究機関
  • 名古屋工業大学工学部
報告名称 ペプチド型信号伝達機能の構築とその機能制御
報告概要 神経細胞間の伝達は,化学物質を介して運ばれ,その信号はインパルスという電気的な振動に変換して伝達する。この信号伝達機能の発現において,神経膜界面での膜蛋白質の両親媒性構造に基づく会合形態や分子配向に着目した。この神経膜界面の人工的構築のために油/水界面における信号(分子)認識機能を有するポリペプチドを用いて単分子膜の調製を試みた。分子認識能を持ち親水性のβ-シクロデキストリン(CyD)を配した両親媒性ポリペプチドから単分子膜を形成した。CyDのゲスト分子であるTNSを水相に添加すると周期的に界面圧が変化した(図1)。この界面圧の振動現象は添加するゲスト分子種やその濃度に依存するために,CyDとの錯体形成が関与していると考えた。ゲスト分子という化学信号を認識して,界面圧という振動形態で伝達するシステムを構築するために,CyDの分子認識機能と界面での分子配向に基ずく両親媒性ポリペプチド分子間相互作用について検討した。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R000000611_01SUM.gif
研究分野
  • 液-液界面
  • 蛋白質・ペプチド一般
  • 細胞生理一般
  • 生体膜一般
  • 脳・神経系モデル
関連発表論文 (1)"The Control of Structure and Functions of Polypeptide Membranes", T.Kinoshita, Sen-iGakkaishi, 55, 315-319 (1999).
(2)Peptide-based Molecular Membrane Systems at Interfaces", T.Kinoshita, Recent Research Development of Pure & Appl. Chem., 3, 225-243 (1999).
(3)"The Guest-induced Oscillation of a Monolayer Composed of Polypeptide Containing β-Cyclodextrin at the terminal", T. Kinoshita, T. Doi, A. Kato, H. Hosokawa, T.Tsujita, and H, Yoshimizu, Chaos, 9, 276-282 (1999).
(4)"Structure and Solubilization Behavior of Micellar Aggregates Composed of Peptide-based Amphiphiles", K. Sugiyama,T. Sakurai, T. Yamamoto, T. Kinoshita, Y. Tsujita, and H. Yoshimizu, Koubunshi Ronbunshu, 56, 456-463 (1999).
(5)"A Spontaneous Aggregate Formed by Polypeptide-Based Amphiphile in Water", T. Doi, T. Kinoshita, H. Kamiya, Y. Tsujita, and H. Yoshimizu, Chem. Lett., 262-263 (2000).
(6)"Molecular Orientation of Amphiphilic Block Copolymer of Poly(peptide-co-ethyleneglycol) at Air-Water Interface", T. Doi, T. Kinoshita, Y. Tsujita, and H. Yoshimizu, Sen-i Gakkaishi, 56, 221-226 (2000).
(7)"Nano-Phase Separation in the Monolayer Composed of α-Helical Copolypeptide at Air/Water Interface", H. Yokoi, T. Kinoshita, Y. Tsujita, and H. Yoshimizu, Chem. Lett., 1210-1211 (2000).
(8)"Aggregation of Ploypeptide-Based Amphiphiles in Water", T. Doi, T. Kinoshita, H. Kamiya, S. Washizu, Y. Tsujita, and H. Yoshimizu, Polym J.,33,160-164 (2001)
.(9)"Control of Molecular Orientation of α-Helix in the Monolayer at Air-Water Interface", T. Doi, T. Kinoshita, Y. Tsujita, and H. Yoshimizu, Bull. Chem. Soc. Jpn., 74, 1-5 (2001).
(10)"The Formation of Micellar Aggregate Composed of Peptide-based Surfactant Containing Side-chain Ligands", M. Kondo, K. Sugiyama, T. Sakurai, T. Kinoshita, Y. Tsujita, and H. Yoshimizu, Koubunshi Ronbunshu, 58 202-208 (2001).
(11)"The High Orientation of Polypeptide in the Monolayer and the Self-Oscillation", T. Kinoshita, and Y. Mouri, Oleoscience, 1, No.9, 943-948 (2001).
(12)"膜の微細構造制御と評価”、木下隆利、高分子、50,No.9, 648-651 (2001).
(13)"両親媒性ポリペプチドからなる分子集合体の構築”,木下隆利,横井秀典,機能材料,21, No.10, 38-44 (2001).
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業、研究領域「分子複合系の構築と機能」研究代表者 小夫家 芳明(奈良先端科学技術大学院大学物質創成科学研究科)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 土井 智清,木下 隆利. ペプチド型信号伝達機能の構築とその機能制御. 戦略的基礎研究推進事業 分子複合系の構築と機能 平成12年度 シンポジウム,2000. p.48 - 48.

PAGE TOP