TOP > 研究報告検索 > Microstructure Analysis and Mechanical Properties of Chitosan/Hydroxyapatite composites

Microstructure Analysis and Mechanical Properties of Chitosan/Hydroxyapatite composites

研究報告コード R000000626
掲載日 2002年9月30日
研究者
  • 山口 勇
  • 山口 勇
  • 坂根 正孝
  • 田中 順三
研究者所属機関
  • 独立行政法人 物質・材料研究機構
  • 多木化学(株)
  • 茨城県立医療大学
  • 独立行政法人 物質・材料研究機構
研究機関
  • 独立行政法人 物質・材料研究機構 物質研究所
  • 多木化学(株)
  • 茨城県立医療大学
報告名称 Microstructure Analysis and Mechanical Properties of Chitosan/Hydroxyapatite composites
報告概要 生体親和性と骨伝導能をもつ硬組織代替材料として利用されているヒドロキシアパタイト(HAp)と,優れた生理活性を示すChitosanを微細領域から自己組織化的に複合化して,両者の特性を併せ持つコンポジット材料を開発した。Ca(OH)2懸濁液中にChitosan-H3PO4混合水溶液を攪拌しながら滴下して Chitosan/HAp複合体を合成した。この複合体を透過型電子顕微鏡で観察し(図1),さらに圧縮脱水成形した複合体の機械的強度と生体反応を評価した。複合体は多数の微細な楕円凝集体から構成されていた。個々の凝集体の長軸が Chitosanの分子長にほぼ等しいことから, Chitosan分子の周囲にHApナノ結晶が方向性をもって配向した構造体であることが分かった。この凝集体を脱水加工して作った成形体は,非常に柔軟な物性を示した。動物試験の結果から,成形体は筋肉及び骨内で炎症反応を起こさず,移植材料の周囲には新生骨の形成が見られた。”骨再生と成形性の高い骨補填材料”として利用が期待される。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R000000626_01SUM.gif
研究分野
  • 酸化物薄膜
  • 筋肉
  • 骨格系
  • 医用素材
  • 運動器系疾患の外科療法
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業、研究領域「分子複合系の構築と機能」研究代表者 田中 順三(独立行政法人 物質・材料研究機構 物質研究所 生体材料グループ)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 山口 勇,坂根 正孝,田中 順三. Microstructure Analysis and Mechanical Properties of Chitosan/Hydroxyapatite composites. 戦略的基礎研究推進事業 分子複合系の構築と機能 平成12年度 シンポジウム,2000. p.59 - 59.

PAGE TOP