TOP > 研究報告検索 > DNA高次構造と制限酵素に対する感受性の相関

DNA高次構造と制限酵素に対する感受性の相関

研究報告コード R000000640
掲載日 2002年9月30日
研究者
  • 小穴 英廣
  • 湊元 幹太
  • 吉川 祐子
  • 吉川 研一
研究者所属機関
  • 京都大学大学院理
  • 名古屋大学大学院人間情報
  • 名古屋文理短期大学食
  • 京都大学大学院理学研究科
研究機関
  • 京都大学大学院理学研究科
  • 名古屋大学大学院人間情報
  • 名古屋文理短期大学部食
報告名称 DNA高次構造と制限酵素に対する感受性の相関
報告概要 これまで,DNA溶液中のポリカチオン(spermidin,spermine)濃度を増加させていくと,ある濃度を境にDNA分子の形態はランダムコイル状態から非常にコンパクトな凝縮状態に一次相転移的な高次構造変化を起こすことを蛍光顕微鏡法を用いた単分子観察から明らかにされている。今回,spermidinまたはspermineによって凝縮させたラムダDNA(48502bp)を制限酵素ApaLI,EcoRIによってそれぞれ消化させ,消化の度合いをアガロースゲル電気泳動によって調べた。その結果,このDNA分子の凝縮転移に対応して,DNAが急激に制限酵素の消化を受けにくくなることが明らかになった(図1)。この結果は,DNAが密に折り畳まれた凝縮状態を取ったため,DNA切断酵素がDNA切断部位にアクセスできなくなり,酵素によるDNAの切断が押さえられたためと解釈することができる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R000000640_01SUM.gif
研究分野
  • 光学的測定とその装置一般
  • 相転移・臨界現象一般
  • 高分子溶液の物理的性質
  • 核酸一般
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業、研究領域「分子複合系の構築と機能」研究代表者 吉川 研一(京都大学大学院理学研究科)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 小穴 英廣,湊元 幹太,吉川 祐子,吉川 研一. DNA高次構造と制限酵素に対する感受性の相関. 戦略的基礎研究推進事業 分子複合系の構築と機能 平成12年度 シンポジウム,2000. p.68 - 68.

PAGE TOP