TOP > 研究報告検索 > Au(111)面のSTM発光スペクトルに現れる微細構造

Au(111)面のSTM発光スペクトルに現れる微細構造

研究報告コード R000000670
掲載日 2002年9月30日
研究者
  • 坂本 謙二
  • 荒船 竜一
  • 目黒 和幸
  • 佐藤 実
  • 潮田 資勝
研究者所属機関
  • 東北大学電気通信研究所
  • 科学技術振興事業団 戦略的基礎研究推進事業
  • 東北大学電気通信研究所
  • 東北大学電気通信研究所
  • 東北大学電気通信研究所
研究機関
  • 東北大学電気通信研究所
  • 科学技術振興事業団 戦略的基礎研究推進事業
報告名称 Au(111)面のSTM発光スペクトルに現れる微細構造
報告概要 走査型トンネル顕微鏡(STM)探針の先端形状がSTM発光スペクトルに及ぼす影響を調べるために先端形状が異なる金探針を用いてAu(111)面からのSTM発光スペクトルを測定した。STM発光スペクトル測定後に探針先端形状を走査型電子顕微鏡(SEM)で観察した。図1は金探針をAu(111)表面にアプローチした後,すぐに測定したSTM発光スペクトルとその測定に用いた探針の先端のSEM像である。2つの発光ピークが観測された。SEM像から探針の先端が平であることがわかった。図2は別の探針を試料にクラッシュさせた後に測定したSTM発光スペクトルと探針先端のSEM像である。クラッシュにより探針先端がつぶれ,微細な構造が形成されていることが分る。5つの鋭い発光ピークが観測された。この発光スペクトルに現れる構造の起源について考察した。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R000000670_01SUM.gif R000000670_02SUM.gif
研究分野
  • 電子顕微鏡,イオン顕微鏡
  • 固体プラズマ
  • 界面の電気的性質一般
  • ルミネセンス一般
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業、研究領域「量子効果等の物理現象」研究代表者 潮田 資勝(東北大学電気通信研究所)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 坂本 謙二,荒船 竜一,目黒 和幸,佐藤 実,潮田 資勝. Au(111)面のSTM発光スペクトルに現れる微細構造. 戦略的基礎研究推進事業 量子効果等の物理現象 第4回シンポジウム予稿集,2000. p.61 - 61.

PAGE TOP