TOP > 研究報告検索 > 超構造分子の創製と有機量子デバイスへの応用

超構造分子の創製と有機量子デバイスへの応用

研究報告コード R000000681
掲載日 2002年9月30日
研究者
  • 雀部 博之
研究者所属機関
  • 千歳科学技術大学光科学部/理化学研究所
研究機関
  • 千歳科学技術大学
報告名称 超構造分子の創製と有機量子デバイスへの応用
報告概要 NH2末端を有する芯デンドロン及び繰り返し付加変換反応によるしゅう素置換体を有する周辺デンドロンを合成した。一段階で256個までの末端カルバゾール基の光電活性デンドリマを調製できる。ビス(フェニルエチル)アントラセン末端カルバゾールデンドロンに基づく光回収システムを構築し,有効分子内エネルギー移動を観察した。空気-水界面におけるオリゴヌクレオチドを含むDA-Ade,DA-Thy,及びC18-Cytの三成分に関する光重合研究は,DA-Ade/DA-Thy塩基対及びC18-CytがオリゴヌクレオチドのdT及びdGを認識できることを示唆した。自家製のSNOM/STMシステムの性能を示す目的で,同時SNOM/STM観察を,Au(111)面で行った。超分子強磁性伝導ワイヤのための構成ブロックとして,テトラチアペンタレンに基づくドナーラジカル及びTTFに基づくテトララジカルドナーを調製した。
研究分野
  • 有機化合物の電気伝導
  • 有機化合物の磁性
  • アントラセン
  • ピロールの縮合誘導体
  • ヌクレオシド,ヌクレオチド
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業、研究領域「量子効果等の物理現象」研究代表者 雀部 博之(千歳科学技術大学)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 雀部 博之. 超構造分子の創製と有機量子デバイスへの応用. 戦略的基礎研究推進事業 量子効果等の物理現象 第4回シンポジウム予稿集,2000. p.77 - 80.

PAGE TOP