TOP > 研究報告検索 > 光・電子機能性デンドリマーの開発と光物性

光・電子機能性デンドリマーの開発と光物性

研究報告コード R000000682
掲載日 2002年9月30日
研究者
  • 岩田 正彰
  • 保刈 宏文
  • 郡司 敦
  • 磯島 隆史
  • 大沢 正久
  • 若槻 康雄
  • 和田 達夫
  • 雀部 博之
研究者所属機関
  • 理化学研究所
  • 科学技術振興事業団 戦略的基礎研究推進事業
  • 理化学研究所
  • 理化学研究所
  • 理化学研究所
  • 理化学研究所
  • 理化学研究所
  • 千歳科学技術大学光科学部/理化学研究所
研究機関
  • 理化学研究所
  • 科学技術振興事業団 戦略的基礎研究推進事業
報告名称 光・電子機能性デンドリマーの開発と光物性
報告概要 すでに光電子授受物性が明らかになっているカルバゾール誘導体を選び,これらを組み込んだデンドリマー構築及び機能検証を行った。光捕集系としてアントラセン誘導体を末端に有する剛直なカルバゾールデンドロンを合成した(図1)。エネルギードナーであるカルバゾール部位の吸収波長領域におけるアントラセンの吸収が弱いので,選択的にカルバゾールデンドロンを励起することが可能である。カルバゾール部位を励起したときの発光スペクトルを図2に示す。380nmを極大とするカルバゾール部位からの発光が消光され,480nmを極大とするアクセプター部位からの発光が得られていることから,効率の高い分子内エネルギー移動が起きていることが分る。また,デンドロンの世代が上がるにつれて発光強度が高くなっていることから光捕集能が向上していることが明らかとなった。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R000000682_01SUM.gif R000000682_02SUM.gif
研究分野
  • 有機化合物・錯体の電子分光スペクトル(分子)
  • 光物性一般
  • 有機化合物のルミネセンス
  • アントラセン
  • ピロールの縮合誘導体
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業、研究領域「量子効果等の物理現象」研究代表者 雀部 博之(千歳科学技術大学)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 岩田 正彰,保刈 宏文,郡司 敦,磯島 隆史,大沢 正久,若槻 康雄,和田 達夫,雀部 博之. 光・電子機能性デンドリマーの開発と光物性. 戦略的基礎研究推進事業 量子効果等の物理現象 第4回シンポジウム予稿集,2000. p.81 - 81.

PAGE TOP