TOP > 研究報告検索 > 配列したアルカリ金属クラスターの電子物性

配列したアルカリ金属クラスターの電子物性

研究報告コード R000000696
掲載日 2002年9月30日
研究者
  • 池本 夕佳
  • 中野 岳仁
  • 野末 泰夫
研究者所属機関
  • 高輝度光科学研究センター
  • 大阪大学大学院理学研究科
  • 大阪大学大学院理学研究科
研究機関
  • 東北大学大学院理学研究科
報告名称 配列したアルカリ金属クラスターの電子物性
報告概要 ゼオライト結晶の配列したナノ空間にアルカリ金属を吸蔵させてクラスターを配列させると,量子効果と電子相関の効いたs電子系を作成することができる(図1)。細孔が単純立方構造で配列したゼオライトLTAを利用すると,クラスターの1p量子準位の軌道縮退と軌道整列によって,磁性や電子スピン共鳴が劇的に変化することが分った。Kクラスターでは全ての電子濃度でモット絶縁体であり,図2に示したように,クラスターの磁気モーメント間には反強磁性相互作用が発生する。Rbクラスターでは同じ電子数であってもKクラスターとはワイス温度が大きく異なる。細孔がダイアモンド構造で配列したゼオライトFAUを利用すると,電子濃度や化学組成の違いによって金属-絶縁体転移が起こり,磁性や光学的性質が大きく変化する。図3に示したように,Kクラスターでは温度に依存しないスピン磁化率がキュリーワイス則成分と同時に観測される。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R000000696_01SUM.gif R000000696_02SUM.gif R000000696_03SUM.gif
研究分野
  • 分子の電気的・磁気的性質
  • 吸着の電子論
  • 絶縁材料
  • 吸着剤
関連発表論文 (1)野末泰夫,表面科学 21(2000)17.
(2)T. Nakano, Y. Ikemoto and Y. Nozue, J. Mag. Mag. Mat.226-230(2001)238.
(3)Y. Ikemoto, T. Nakano, M. Kuno, Y. Nozue and T. Ikeda, to be published in J. Mag. Mag. Mat.226-230(2001)229.
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業、研究領域「量子効果等の物理現象」研究代表者 寺崎 治(東北大学大学院理学研究科)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 池本 夕佳,中野 岳仁,久野 桃子,野末 泰夫. 配列したアルカリ金属クラスターの電子物性. 戦略的基礎研究推進事業 量子効果等の物理現象 第4回シンポジウム予稿集,2000. p.102 - 102.

PAGE TOP