TOP > 研究報告検索 > 空間位相変調器による4.1fs光パルスの発生

空間位相変調器による4.1fs光パルスの発生

研究報告コード R000000735
掲載日 2002年9月30日
研究者
  • 唐沢 直樹
  • 房 暁俊
  • 李 黎明
  • 足立 宗之
  • 日下 哲
  • R.S. Windeler
  • 小林 壮一
  • 森田 隆二
  • 山下 幹雄
研究者所属機関
  • 科学技術振興事業団 戦略的基礎研究推進事業
  • 科学技術振興事業団 戦略的基礎研究推進事業
  • 千歳科学技術大学
  • (株)ニデック
  • 北海道大学工学研究科
  • ベル研究所ルーセントテクノロジー
  • 千歳科学技術大学
  • 北海道大学工学研究科
  • 北海道大学大学院工学研究科
研究機関
  • 科学技術振興事業団 戦略的基礎研究推進事業
  • 千歳科学技術大学
  • (株)ニデック
  • 北海道大学大学院工学研究科
  • ベル研ルーセントテクノロジー
報告名称 空間位相変調器による4.1fs光パルスの発生
報告概要 1)空間位相変調器のみによるサイクル時間域光パルスの発生;液晶空間位相変調器(SLM)をパルス整形光学系中に用いて分散補償を行い,プリズム対などの前置チャープ補償無しでサイクル時間域光パルスの発生に成功した。Ti:Sapphireレーザ増幅システムからの光パルスを白色光パルスとし,SLMと回折格子及び凹面鏡によって構成される4-f光学系によってパルス圧縮を行った。図1にこの結果得られたフリンジ分解相関波形を示す。図2に同様に発生された光パルスの周波数分解光ゲート法による計測結果を示す。
2)SPIDERによるサイクル時間域光パルスの振幅位相計測;モノサイクル時間領域の光パルス計測のために,被測定パルスペアのスペクトル干渉を利用したSPIDER測定装置を試作した,
3)高繰り返しマイクロストラクチャーファイバー出力パルスのチャープ補償;スペクトル幅460~1020nmまで拡がった超広帯域コヒーレント光波の発生を確認した。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R000000735_01SUM.gif R000000735_02SUM.gif
研究分野
  • 量子光学一般
  • 固体レーザ
  • 測光と光検出器一般
  • 無機化合物一般及び元素
関連発表論文 (1)N. Karasawa, L. Li, A. Suguro, H. Shigekawa, R. Morita, M. Yamashita: J. Opt. Soc. Am. B (2001) in press.
(2)L.Li, S. Kusaka, N.Karasawa, R. Morita, H. Shigekawa, M. Yamashita: Jpn. J. Appl. Phys. 40 (2001)L684-L687.
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業、研究領域「量子効果等の物理現象」研究代表者 山下 幹雄(北海道大学大学院工学研究科量子物理工学専攻)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 唐沢 直樹,房 暁俊,李 黎明,足立 宗之,日下 哲,R.S. Windeler,小林 壮一,森田 隆二,山下 幹雄. 空間位相変調器による4.1fs光パルスの発生. 戦略的基礎研究推進事業 量子効果等の物理現象 第4回シンポジウム予稿集,2000. p.169 - 169.

PAGE TOP