TOP > 研究報告検索 > 強結合による低群速度光伝播とパラメトリック過程

強結合による低群速度光伝播とパラメトリック過程

研究報告コード R000000742
掲載日 2002年9月30日
研究者
  • 梁 佳旗
  • Fam Le Kien
  • 桂川 真幸
  • 白田 耕蔵
研究者所属機関
  • 電気通信大学量子・物質工学科
  • 科学技術振興事業団
  • 電気通信大学量子・物質工学科
  • 電気通信大学電気通信学部
研究機関
  • 電気通信大学量子・物質工学科
  • 電気通信大学レーザー研
報告名称 強結合による低群速度光伝播とパラメトリック過程
報告概要 近年注目されている電磁場誘起透明化(EIT)現象はレーザ場による媒質の感受率変化を本質としている。その基本的な考え方はレーザ場と物質と強く結合した暗状態を作り,量子干渉効果によって共鳴の中心で吸収のない,また屈折率が1になり,且つ屈折率分散が大きい状態を生成する。急峻な分散を誘起するには強結合条件:Ωab>>γが必要である。Ωabは二光子ラビ周波数,γは位相緩和定数を表す。固体水素は高密度でありながら位相緩和定数γが極めて小さい(<1MHz)ことが知られている。単一波長のポンプ光とプローブ光を固体水素に入射させ,共鳴付近で分散を起させる(図l)。実験は固体水素の振動励起遷移Ql(0)に狙って,Ti:s レーザーとYAGレーザを用いた。図2はポンプ強度~700MW/cm<SUP>2
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R000000742_01SUM.gif
研究分野
  • 光学一般
  • 非線形光学
  • レーザ照射・損傷
  • 低温物理一般
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業、研究領域「量子効果等の物理現象」研究代表者 白田 耕藏(電気通信大学)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 梁 佳旗,Fam Le Kien,桂川 真幸,白田 耕藏. 強結合による低群速度光伝播とパラメトリック過程. 戦略的基礎研究推進事業 量子効果等の物理現象 第4回シンポジウム予稿集,2000. p.180 - 180.

PAGE TOP