TOP > 研究報告検索 > 自己組織化量子閉じ込め化合物の合成と形成プロセス

自己組織化量子閉じ込め化合物の合成と形成プロセス

研究報告コード R000000747
掲載日 2002年9月30日
研究者
  • 松井 崇
  • 狩野 聡
  • 遠藤 健
  • 川原 光泰
  • 手島 健次郎
  • 陸川 政弘
  • 讃井 浩平
研究者所属機関
  • 上智大学理工学部
  • 上智大学理工学部
  • 上智大学理工学部
  • 上智大学理工学部
  • 東京工芸大学工学部
  • 上智大学理工学部
  • 上智大学理工学部
研究機関
  • 上智大学理工学部
  • 東京工芸大学工
報告名称 自己組織化量子閉じ込め化合物の合成と形成プロセス
報告概要 有機・無機自己組織性化合物は,有機配位子の種類及び組成比を制御することで,半導体である無機領域の次元性を容易に制御することができる。本研究では,種々の有機配位子を用いた新規低次元量子閉じ込め構造の構築と,Self assembly法を用いた薄膜化プロセスについて検討を行なった。
1)新規自己組織化量子閉じ込め構造の構築;臭化鉛と有機配位子にエチレンジイルー1,2-ビスジメチルアンモニウム臭化水素酸塩を用いた有機・無機ハイブリッド化合物を作製した。この化合物の無機領域は図1に示すようにPbBr6八面体がその面と辺を共有して1次元的に連なる新規化合物であることが明らかとなった,
2)Self Assembly法を用いた層状ペロブスカイト薄膜の作製;臭化鉛THF溶液と1,12-ドデカンジアンモニウム臭化水素酸塩のTHF溶液に石英基板を交互に浸漬するSelf Assembly法により臭化鉛系層堺ペロブスカイト薄膜を作製した。図2に作製した薄膜の吸収スペクトルを示した。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R000000747_01SUM.gif R000000747_02SUM.gif
研究分野
  • 量子光学一般
  • 結晶学一般
  • 半導体薄膜
  • 無機化合物一般及び元素
研究制度
  • 戦略的基礎研究推進事業、研究領域「量子効果等の物理現象」研究代表者 讃井 浩平(上智大学理工学部)/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 松井 崇,狩野 聡,遠藤 健,川原 光泰,手島 健次郎,陸川 政弘,讃井 浩平. 自己組織化量子閉じ込め化合物の合成と形成プロセス. 戦略的基礎研究推進事業 量子効果等の物理現象 第4回シンポジウム予稿集,2000. p.189 - 189.

PAGE TOP