TOP > 研究報告検索 > 1分子イメージング

1分子イメージング

研究報告コード R990003900
掲載日 2001年2月6日
研究者
  • 船津 高志
  • 原田 慶恵
  • 徳永 万喜洋
  • 齋藤 究
研究者所属機関
  • 科学技術振興事業団 創造科学技術推進事業
  • 科学技術振興事業団 創造科学技術推進事業
  • 科学技術振興事業団 創造科学技術推進事業
  • 科学技術振興事業団 創造科学技術推進事業
研究機関
  • 科学技術振興事業団 創造科学技術推進事業
報告名称 1分子イメージング
報告概要 生体分子1分子の機能を明らかにするためには,生体分子1個を可視化する技術(1分子直視)が基本的な技術として要請される。これまで,強力な励起光によって光学部品から発生する蛍光や水のラマン散乱が背景光となり,蛍光色素1分子のイメージングは困難であった。本プロジェクトは,落射蛍光顕微鏡の部品(対物レンズ,ミラー,フィルター,スライドガラス)を改良して背景光を抑え,水中の蛍光色素1分子をビデオレートで観察することに成功した。この応用例として,蛍光色素Cy3で標識したキネシン1分子が,軸糸微小管上を滑り運動する様子を観察した。また,グリーン蛋白質(GFP)との融合蛋白質を作製して1分子の可視化を試みた。その結果,1分子のGFPを観察できることが示され,蛍光色素で化学修飾せずに個々の蛋白質をイメージする道が開かれた。物質,エネルギー,情報の流れを分子レベルで追跡することにより,生体システムの構築原理が明らかにされるであろう。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R990003900_01SUM.gif
研究分野
  • 生化学一般
  • 細胞学一般
  • 生体工学一般
研究制度
  • 創造科学技術推進事業、柳田生体運動子プロジェクト/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 船津 高志. 1分子イメージング. 創造科学技術推進事業 柳田生体運動子プロジェクトERATO Yanagida Biomotron Project Symposium on Single Molecular Process in Bio-systems.(研究期間:1992-1997),1997. p.22 - 24.

PAGE TOP