TOP > 研究報告検索 > 蛍光色素1分子の偏光度測定

蛍光色素1分子の偏光度測定

研究報告コード R990003903
掲載日 2001年2月6日
研究者
  • 齋藤 究
  • 徳永 万喜洋
研究者所属機関
  • 科学技術振興事業団 創造科学技術推進事業
  • 科学技術振興事業団 創造科学技術推進事業
研究機関
  • 科学技術振興事業団 創造科学技術推進事業
報告名称 蛍光色素1分子の偏光度測定
報告概要 蛋白質の活性をたもったままその構造を測定するには蛋白質を蛍光色素で特異的に標識し,色素が放出する蛍光シグナルを測定する方法が有効である。蛍光色素の偏光度から蛋白質の構造変化を検出することを試みた。蛍光色素の蛍光偏光度を測定する方法は,色素の吸収ダイポールの偏光度を測定する方法と蛍光放出ダイポールの偏光度を測定する方法があるが,本研究では前者を測定し,エバネッセント場照明により観察した(1分子イメージング)。実験では,ミオシンS1のSH1と調節軽鎖のシステインにテトラメチルローダミンを導入し,その吸収ダイポールの偏光度を測定した。蛍光色素1分子の偏光度測定は蛋白質分子の構造変化を1分子のレベルで測定できる方法であり,Cy3-ATPによる1分子化学反応の検出技術や1分子張力測定技術と組み合わせることにより,構造変化と化学反応また構造変化と力発生を同時に測定することが可能になる。この技術は蛋白質の機能解明の有効な手段となるであろう。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R990003903_01SUM.gif R990003903_02SUM.gif R990003903_03SUM.gif
研究分野
  • 生体の顕微鏡観察法
  • 分子構造
研究制度
  • 創造科学技術推進事業、柳田生体運動子プロジェクト/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 齋藤 究. 蛍光色素1分子の偏光度測定. 創造科学技術推進事業 柳田生体運動子プロジェクトERATO Yanagida Biomotron Project Symposium on Single Molecular Process in Bio-systems.(研究期間:1992-1997),1997. p.32 - 35.

PAGE TOP