TOP > 研究報告検索 > アクトミオシンモーター1個の化学・力学反応の同時計測

アクトミオシンモーター1個の化学・力学反応の同時計測

研究報告コード R990003910
掲載日 2001年2月6日
研究者
  • 石島 秋彦
  • 小嶋 寛明
  • 船津 高志
  • 徳永 万喜洋
  • 樋口 秀男
研究者所属機関
  • 科学技術振興事業団 創造科学技術推進事業
  • 科学技術振興事業団 創造科学技術推進事業
  • 科学技術振興事業団 創造科学技術推進事業
  • 科学技術振興事業団 創造科学技術推進事業
  • 科学技術振興事業団 創造科学技術推進事業
研究機関
  • 科学技術振興事業団 創造科学技術推進事業
報告名称 アクトミオシンモーター1個の化学・力学反応の同時計測
報告概要 アクトミオシンの力発生のメカニズムを考える上で,ミオシン分子頭部1個で引き起こされた変位とATPの分解反応がどの様に共役しているかを知ることは非常に重要である。そこで,1分子力学測定システムにATP分解の1分子イメージングシステムを組み込んだ顕微鏡システムを開発した。この新しい顕微鏡システムを用いて,これまで別々に測定してきたATPの分解反応と力学反応を同時に測定することに成功した。実験ではミオシン-ロッド合成フィラメントを,ガラス表面に固定し,エバネッセント場で照明し,蛍光ATP1分子がフィラメント上のミオシン分子頭部によって分解される過程をモニターした。一方,両端をビーズにつけたアクチンフィラメントをミオシン分子頭部1個と作用させ,ATP分解と同時に変位も測定した。その結果,ATP分解に対応した変位が観察されたが,直接対応していない変位も観察された。また,ADPの解離が力発生の前にも起こるという全く新しい現象を確認した。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R990003910_01SUM.gif
研究分野
  • 生体の顕微鏡観察法
  • 蛋白質・ペプチド一般
  • 生体計測・解析一般
研究制度
  • 創造科学技術推進事業、柳田生体運動子プロジェクト/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • . アクトミオシンモーター1個の化学・力学反応の同時計測. 創造科学技術推進事業 柳田生体運動子プロジェクトERATO Yanagida Biomotron Project Symposium on Single Molecular Process in Bio-systems.(研究期間:1992-1997),1997. p.60 - 62.

PAGE TOP