TOP > 研究報告検索 > 鳥の知を探る 歌を認識するニューロンと遺伝子

鳥の知を探る 歌を認識するニューロンと遺伝子

研究報告コード R993100859
掲載日 2002年9月30日
研究者
  • 坂口 博信
研究者所属機関
  • 獨協医科大学医学部
研究機関
  • 獨協医科大学医学部
報告名称 鳥の知を探る 歌を認識するニューロンと遺伝子
報告概要 転写因子CREBをマーカーとしてキンカチョウ(A)の雄の歌学習時のシナプス可塑性に関与する神経組織の解明を検討した。AのCREBはほ乳類CREBと高い相同性を持つので抗ヒトCREBモノクローナル抗体で免疫染色して脳内分布を調べたところHVCとX野が強陽性を示した。逆行性ニューロトレーサーを用いて二重染色したところHVCのX野投射ニューロンのみ二重標識を認めた(図1)。歌学習の最初のプロセスは同種の歌を認識することであり,このときのニューロン変化をCREBりん酸化による転写活性化で追跡した。A雄成鳥に30分間Aの歌を聴かせ,無音声・ノイズ・カナリアの歌をそれぞれ対照として,HVC内のりん酸化CREB(I)陽性細胞数を計測した。ノイズとAの歌では免疫組織化学上明らかに差がありAの歌でIが誘導された(図2)。また,対照ではI陽性細胞数は増加せずAの歌でのみ増加した(図3)が,A雄成鳥X野ではAの歌はIを誘導しなかった。しかし40日の歌学習臨界期にはHVC,X野ともIを誘導した。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R993100859_01SUM.gif R993100859_02SUM.gif R993100859_03SUM.gif
研究分野
  • 遺伝子発現
  • 個生態学
  • 細胞生理一般
  • 中枢神経系
  • 聴覚
関連発表論文 (1)Sakaguchi H, Saito N (1996) Developmental changes in axon terminals visualized by immunofluorescence for the growth-associated protein, GAP-43, in the robust nucleus of the archistriatum of the zebra finch. Dev. Brain Res. 95: 245-251.
(2)Sakaguchi H, Yamaguchi A (1997) Early song-deprivation affects the expression of protein kinase C in the song control nuclei of the zebra finch during a sensitive period of song learning. NeuroReport 8: 2645-2650.
(3)Li R, Sakaguchi H (1997) Cholinergic innervation of the song control nuclei by the ventral paleostriatum in the zebra finch: a double-labeling study with retrograde fluorescent tracers and choline acetyltransferase immunohistrchemistry. Brain Res. 763: 239-246.
(4)Sakaguchi H (1997) Molecular mechanisms of plasticity in the avian brain. Biomed. Res.18 (Suppl.1):71-78.
(5)Li R, Zuo M-X, Sakaguchi H (1999) Auditory-vocal cholinergic pathway in the zebra finch brain. NeuroReport. 10: 165-169.
(6)Sakaguchi H, Wada K, Maekawa M, Watsuji T, Hagiwara M (1998) Song-induced phosphorylation of CREB in the songbird brain. J.Neurosci. 19: 3973-3981.
(7)坂口博信(1996)「鳥歌学習臨界期の脳可塑性の分子機構」日本音響学会聴覚研究会資料:H-96-30.
(8)Sakaguchi H (1996) Cytochemical staining for protein kinase C in the song control nuclei of zebra finch during song learning. Soc. Neurosci. Abstr. 22: 692.
(9)Li R, Sakaguchi H (1996) Cholinergic afferents of song control nuclei in the zebra finch. Neurosci. Res. 20(Suppl): S166.
(10)Sakaguchi H (1996) Molecular approach to synaptic plasticity during the critical period of avian song learning. Com. Physiol. Biochem. 14: 360.
(11)Sakaguchi H, Yamaguchi A (1997) Early deafening affects PKC activity during bird song learning. Neurosci. Res. 21(Suppl):S170.
(12)Li R, Sakaguchi H (1997) Cholinergic innervation of the song control nuclei by the ventral paleostriatum in the zebra finch. Com. Physiol. Biochem. 14: 262.
(13)Sakaguchi H, Li R, Taniguchi I (1997) Sex differences in the zebra finch ventral paleostriaum: origin of the cholinergic innervation of the song control nuclei. Soc. Neurosci. Abstr. 23: 1329.
(14)Sakaguchi H (1998) Chemo-anatomical organization of neuronal circuits for song learning. Neurosci. Res. 22(Suppl): S229.
(15)Sakaguchi H, Wada K, Maekawa M, Hagiwara M (1998) Song-induced phosphorylation of CREB in the songbird brain. Soc. Neurosci. Abstr. 24:701.
(16)坂口博信(1998)「学習とPKC」生体の科学 49(4):274-277。
研究制度
  • さきがけ研究21、「知と構成」領域/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 坂口 博信. 鳥の知を探る 歌を認識するニューロンと遺伝子. 「さきがけ研究21」研究報告会「知と構成」領域 講演要旨集(研究期間1995-1998),1998. p.35 - 41.

PAGE TOP