TOP > 研究報告検索 > 細胞はどのようにして動くか?

細胞はどのようにして動くか?

研究報告コード R993100868
掲載日 2002年9月30日
研究者
  • 佐邊 壽孝
研究者所属機関
  • 大阪バイオサイエンス研究所
研究機関
  • 大阪バイオサイエンス研究所
報告名称 細胞はどのようにして動くか?
報告概要 パキシリン(I)などの蛋白質りん酸化の細胞接着依存性を発見し,細胞接着に伴い負に制御される蛋白質脱りん酸化酵素の存在を証明した。M期においてインテグリン(II)の裏打ち蛋白質中Iのみが有意な質的量的変化をした。Iのベータおよびガンマアイソフォームの発現は細胞接着・運動に関連し被験全ヒト癌組織においてIが高発現していた(図1)。また,IIは細胞質において核周辺膜構造に局在し,ゴルジ装置と共局在していた(図2)。
ついでI結合蛋白質を精製してゴルジ局在蛋白質と相同な核周辺でIと共局在するPag蛋白質を単離し,核周辺から細胞接着斑への輸送への関与を示唆した。カドヘリンを介する細胞間接着低下とIIを介する外部基質との接着増強,細胞運動性の高進が器官形成や癌化に関与する(図3)。上皮間充織形質転換系を用い,Iのチロシンりん酸化(A)が形質転換に伴う細胞運動性変化の主因子であることを明らかにした。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R993100868_01SUM.gif R993100868_02SUM.gif R993100868_03SUM.gif
研究分野
  • 生物学的機能
  • 遺伝子発現
  • 細胞生理一般
  • 細胞分裂・増殖
  • 細胞構成体の機能
関連発表論文 (1)Sabe, H., Shoelson, S., and Hanafusa, H., Possible v-Crk-induced transformation through activation of Src kinases. J. Biol, Chem., 270, 31219-31224 (1995)
(2)Tobe, K., Sabe, H., Yamamoto, T., Yamauchi, T., Asai, S., Kaburagi, Y., Tamemoto, H., Ueki, K., Kimura, H., Akanuma, Y., Yazaki, Y., Hanafusa, H. and Kadowaki, T., Csk enhances insulin-stimulated dephosphorylation of focal adhesion proteins. Mol. Cell. Biol., 16, 4765-4772 (1996)
(3)Yanagi, S., Sugawara, H., Kurosaki, M., Sabe, H., Yamamura, H., and Kurosaki, T., CD45 modulates phosphorylation of both autophosphorylation and negative regulatory tyrosines of Lyn in B cells. J. Biol. Chem., 271, 30487-30492 (1996)
(4)Pu, M., Akhand, A.A., Kato, M., Hamaguchi, M., Koike, T., Iwata, H., Sabe, H., Suzuki, H., and Izumi, N., Evidence of a novel redox-linked activation mechanism for the Src kinase which is independent of tyrosine 527-mediated regulation. Oncogene, 13, 2615-2622 (1996)
(5)Tanaka, T., Yamaguchi, R., Sabe, H., Sekiguchi, K., and Healy, J.M., Paxillin association in vitro with integrin cytoplasmic domain peptides. FEBS Lett., 399, 53-58 (1996)
(6)Sabe, H., Hamaguchi, M., and Hanafusa, H., Cell to substratum adhesion is involved in v-Src induced protein tyrosine phosphorylation: implication for the adhesion-regulated protein tyrosine phosphatase activity. Oncogene, 14, 1779-1788 (1997)
(7)Mazaki, Y., Hashimoto, S., and Sabe, H., Monocyte cells and cancer cells express novel paxillin isoforms with different binding properties to focal adhesion proteins. J. Biol. Chem., 272, 7437-7444 (1997)
(8)Yamaguchi, R., Mazaki, Y., Kiichi Hirota, Hashimoto, S., and Sabe, H., Mitosis specific serine phosphorylation and downregulation of one of the focal adhesion protein, paxillin. Oncogene, 15, 1753-1761 (1997)
(9)Mazaki, Y., Uchida, H., Hino, O., Hashimoto, S., and Sabe, H., Paxillin isoforms in mice: lack of the g isoform, and developmentally specific b isoform expression. J. Biol. Chem., 273, 22435-22441 (1998)
(10)Nishiya, N., Sabe, H., Nose, K., and Shibanuma, M., The LIM domain of hic-5 protein recoginize specific DNA fragments in a zinc-dependent manner in vitro. Nucl. Acid. Res., 26, 4267-4273 (1998)
(11)佐邊 壽孝、序 及び概論 細胞接着研究の最前線;シグナル伝達から癌転移への関与まで、実験医学増刊号 vol.14 No.17(1996)(編集;佐邊 壽孝、月田 承一郎)
(12)佐邊 壽孝、インテグリンを介した細胞基質間接着とシグナル伝達、第107回日本医学会シンポジュウム記録集、pp6-16(1996)
(13)真崎 雄一、佐邊 壽孝、細胞基質間接着・脱接着のシグナル、組織培養工学 vol.23、pp32-36(1997)
(14)佐邊 壽孝、細胞接着とシグナル伝達、蛋白質・核酸・酵素 7月増刊号 がんと遺伝子(山本 雅、土田 信夫、中村 祐輔、藤永 慧 編集)、pp1541-1550(1997)
研究制度
  • さきがけ研究21、「遺伝と変化」領域/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 佐邊 壽孝. 細胞はどのようにして動くか?. 「さきがけ研究21」研究報告会「遺伝と変化」領域 講演要旨集(研究期間1995-1998),1998. p.55 - 68.

PAGE TOP