TOP > 研究報告検索 > TAK1はXenopus初期発生の背腹軸形成に関与する

TAK1はXenopus初期発生の背腹軸形成に関与する

研究報告コード R993100870
掲載日 2002年9月30日
研究者
  • 澁谷 浩司
研究者所属機関
  • 東京医科歯科大学難治疾患研究所
研究機関
  • 岡崎国立共同研究機構基礎生物学研究所
報告名称 TAK1はXenopus初期発生の背腹軸形成に関与する
報告概要 アフリカツメガエル初期はい(A)を用い,TGFベータ活性化キナーゼ1(TAK1(I))とTAK1結合蛋白質1(TAB1(II))がアポトーシス誘導活性を持ち,発生初期にBMPシグナルの下流因子として腹側中はい葉誘導できることを明らかにした。
Mv1Lu細胞で活性型I過剰発現はPAI-1プロモーターを活性化し,不活性型Iは抑制した。II共発現下ではIのキナーゼ活性が上昇した。AのcDNAライブラリーから単離したI,IIのcDNAの予想アミノ酸配列相同性はキナーゼ領域では95%程度でよく保存されていた(図1)。AのI,IImRNAの発現は未受精卵から尾芽はいまで一様でI,IImRNA発現領域はよく一致し両者による制御を示唆した。この発現領域はBMP-4mRNAの発現領域とも一致した。Bcl-2共発現下にImRNAをAに注入して弱い腹側化を認め,N末側欠失IやII存在下のIではさらに明瞭な腹側化を認Iめた(図2)。不活性型Iによる活性型BMP受容体シグナルの阻害(図4),BMPシグナル阻害による神経誘導のI,II強制共発現による阻害についても報告した。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R993100870_01SUM.gif R993100870_02SUM.gif R993100870_03SUM.gif
研究分野
  • 遺伝子の構造と化学
  • 遺伝子発現
  • 細胞生理一般
  • 動物の生化学
関連発表論文 (1)Yamaguchi, K., Shirakabe, K., Shibuya, H., Irie, K., Oishi, I., Ueno, N., Taniguchi, T., Nishida, E. and Matsumoto, K., Identification of a member of the MAPKKK family as a potential mediator of TGF-β signal transduction. Science, 270, 2008-2011 (1995)
(2)Shibuya, H., Yamaguchi, K., Shirakabe, K., Tonegawa, A., Gotoh, Y., Ueno, N., Irie, K., Nishida, E. and Matsumoto, K., TAB1: An activator of the TAK1 MAPKKK in TGF-β signal transduction. Science, 272, 1179-1182 (1996)
(3)Moriguchi, T., Kuroyanagi, N., Yamaguchi, K., Gotoh, Y., Irie, K., Kano, T., Shirakabe, K., Muro, Y., Shibuya, H., Matsumoto, K., Nishida, E. and Hagiwara, M., A novel kinase cascade mediated by mitogen-activated protein kinase kinase 6 and MKK3. J. Biol. Chem., 271, 13675-13679 (1996)
(4)Shirakabe, K., Yamaguchi, K., Shibuya, H., Irie, K., Matsuda, S., Moriguchi, T., Gotoh, Y., Matsumoto, K. and Nishida, E., TAK1 mediates the ceramide signaling to Stress-activated protein kinase/c-Jun N-terminal kinase. J. Biol. Chem., 272, 8141-8144 (1997)
(5)Akiyama, S., Katagiri, T., Namiki, M., Yamaji, N., Yamamoto, N., Miyama, K., Shibuya, H., Ueno, N., Wozney, J.M. and Suda, T., Constitutively active BMP type I receptors transduce BMP-2 signals without the ligand in C2C12 myoblasts. Exp. Cell. Res., 235, 362-369 (1997)
(6)Shibuya, H., Iwata, H., Masuyama, N., Gotoh, Y., Yamaguchi, K., Irie, K., Matsumoto, K., Nishida, E. and Ueno, N., Role of TAK1 and TAB1 in BMP signaling in early Xenopus development. EMBO J., 17, 1019-1028 (1998)
(7)Kurozumi, K., Nishita, M., Yamaguchi, K., Fujita, T., Ueno, N. and Shibuya, H., BRAM1, a BMP receptor-associated molecule involved in BMP signalling. Genes Cells, 3, 257-264 (1998)
(8)Yamaguchi, K., Nagai, S., Ninomiya-Tsuji, J., Nishita, M., Tamai, K., Irie, K., Ueno, N., Nishida, E., Shibuya, H. and Matsumoto, K. XIAP, a cellular member of the inhibitor of apoptosis protein family, links the receptors to TAB1-TAK1 in the BMP signaling pathway. EMBO J., in press
(9)澁谷 浩司、TGF-βシグナル伝達に関与 新規MAPKKK;TAK1、Molecular Medicine33、829-830(1996)
(10)澁谷 浩司、TGF-βシグナル伝達機構、BIO Clinica11、698-702(1996)
(11)入江 賢児、澁谷 浩司、MAPキナーゼキナーゼキナーゼTAK1とTGF-βシグナル伝達系、実験医学14、2616-2622(1996)
(12)澁谷 浩司、TGF-βシグナル伝達機構、Annual Review 免疫 1997、p308-314(1996)
(13)澁谷 浩司、BMPs,Smads,TAK1、細胞工学16、661-667(1997)
(14)澁谷 浩司、TGF-β細胞内シグナル伝達因子SmadsとTAK1、実験医学15、1090-1094(1997)
(15)辻 順、澁谷 浩司、松本 邦弘、TGF-bのシグナル伝達、蛋白質 核酸酵素42、1517-1524(1997)
(16)澁谷 浩司、TGF-β細胞内シグナル伝達の分子機構、化学と生物35、477-482(1997)
(17)澁谷 浩司、BMPシグナル伝達にかかわるTAK1とSmad、実験医学16、881-885(1998)
(18)渡辺 研、上野 直人、澁谷 浩司、BMPシグナル伝達因子TAK1と標的遺伝子Dlx5、実験医学16、1432-1435(1998)
研究制度
  • さきがけ研究21、「遺伝と変化」領域/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 澁谷 浩司. TAK1はXenopus初期発生の背腹軸形成に関与する. 「さきがけ研究21」研究報告会「遺伝と変化」領域 講演要旨集(研究期間1995-1998),1998. p.77 - 84.

PAGE TOP