TOP > 研究報告検索 > 神経細胞のつながる仕組み

神経細胞のつながる仕組み

研究報告コード R993100891
掲載日 2007年5月11日
研究者
  • 辰巳 仁史
研究者所属機関
  • 名古屋大学医学部
研究機関
  • 名古屋大学医学部
報告名称 神経細胞のつながる仕組み
報告概要 発生過程の神経細胞や培養神経細胞の神経突起の先端に見られる成長円錐は,信号を伝えるべき脳神経細胞に出会うとシナプスに変化すると考えられている。本研究では,ビデオ強化型高倍率微分干渉顕微鏡法,光ピンセット法,近接場光顕微鏡法とパッチクランプ膜電流測定法を組み合わせたマルチ計測顕微鏡の技術を開発し,神経成長円錐と標的細胞の間で行われるシナプス形成の機構を明らかにすることを試みた。ラットの大脳基底核の神経細胞の神経成長円錐から伝達物質アセチルコリンの放出が記録され,神経成長円錐とセンサーの細胞の間に接着構造が形成された。細胞の代わりに微小ビーズを用いて接着形成を調べた結果,細胞は神経成長円錐部に力をかけて動く準備を分子レベルで始めると考えられた。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R993100891_01SUM.gif R993100891_02SUM.gif R993100891_03SUM.gif
研究分野
  • 細胞生理一般
  • 神経系一般
  • 脳・神経系モデル
  • 神経の基礎医学
関連発表論文 (1)Tatsumi H., Katayama Y., (1995) Analysis of Ca2+ homeostasis in neurons dissociated from rat nucleus basalis: Neuroscience Research 22: 259-266
(2)Ono A., Tatsumi H., Yamamoto K., Katayama Y., (1995) Human B Iymphocytes respond to Epstein-Barr virus with an increase in intracellular Ca concentration. Bull. Tokyo Med. Dent. Univ. 42:9-18
(3)Maheswari R.U., Tatsumi H., Katayama Y.. Ohtsu M., (1995) Observation of subcellular structure of single neurons with an illumination mode photon scanning tunneling. Optics Communication 120: 325-334
(4)Tatsumi H., Katayama Y., (1995) Na dependent Ca influx by depolarization in neurons dissociated from rat nucleus basalis. Neuroscience Letters 196: 9-12
(5)Tatsumi H., Tsuji S., Anglade P., Motelica-Heino I., Soeda H., Katayama Y., (1995) Synthesis, storage and release of acetylcholine at and from growth cones of rat central cholinergic neurons in culture. Neuroscience Letters 202:25-28
(6)Maheswari R.U., Monobe S., Tatsumi H., Katayama Y. Ohtsu M., (1996) Observation of Subcellular Structures of Neurons by an Illumination Mode Near-Field Optical Microscope under an Optical Feedback Control. Optical Review 3: 463-467
(7)Soeda H., Tatsumi H., Katayama Y., (1997) Neurotransmitter release from growth cones of rat dorsal root ganglion neurons in culture. Neuroscience 77: 1187-1199
研究制度
  • さきがけ研究21、「知と構成」領域/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 辰巳 仁史. 神経細胞のつながる仕組み. 「さきがけ研究21」研究報告会「知と構成」領域 講演要旨集(研究期間1994-1997),1997. p.45 - 50.

PAGE TOP