TOP > 研究報告検索 > 遺伝子をツールとして脳のはたらきを知る

遺伝子をツールとして脳のはたらきを知る

研究報告コード R993100971
掲載日 2002年9月30日
研究者
  • 小島 正己
研究者所属機関
  • 産業技術総合研究所関西センター(旧大阪工業技術研究所)
研究機関
  • 科学技術振興事業団 さきがけ研究21
報告名称 遺伝子をツールとして脳のはたらきを知る
報告概要 脳領域特異的な情報を表現する遺伝子発現系の構築を目指した。培養神経細胞調整段階での再生能力に着目したサスペンジョン(A)法によりプラスミドを導入した(図1)。海馬神経細胞へのGFP導入で成熟神経細胞全体を,アクチン/GFP融合蛋白質導入でシナプス可塑性の基本骨格スパインを可視化した。BDNF/GFP融合遺伝子をA法で導入した海馬神経細胞で神経突起上にクラスターを形成した(図2)。グルタミン酸(I)刺激を与えるとBDNF/GFP放出に続いて樹状突起にBDNF/GFPが濃縮され,I洗去後2回目のI刺激で放出された(図3)。BDNF放出がシナプス近傍で起こり,樹状突起の特定位置にBDNFプールを作り,近傍シナプスは選択的に強化されると想定した。BDNFプロモーターをA法で導入し活性を確認した。海馬特異的に発現したlacZ遺伝子周辺140kbの遺伝子を単離断片化しGFP遺伝子を各断片に結合した。この中から,海馬特異的遺伝子発現に必要な配列を確認するためトランスジェニックマウスの試作を進めている。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R993100971_01SUM.gif R993100971_02SUM.gif R993100971_03SUM.gif
研究分野
  • 細胞・組織培養法
  • 遺伝子発現
  • 遺伝子操作
  • 細胞構成体一般
  • 中枢神経系
関連発表論文 (1)Masami Kojima, Tobuyuki Takei, Tadashiro Numakawa, Yasuyuki Ishikawa, Shingo Suzuki, Tomoya Matsumoto, Ritsuko Katoh-Senba, Hiroyuki Nawa, Hiroshi Hatanaka. Biological characterazation and optical imaging of BDNF-GFP suggest an activity-dependent local release of BDNF in neurites of cultured hippocampal neurons in press.
研究制度
  • さきがけ研究21、「知と構成」領域/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 小島 正己. 遺伝子をツールとして脳のはたらきを知る. 「さきがけ研究21」研究報告会「知と構成」領域 講演要旨集(研究期間1996-1999),1999. p.25 - 31.

PAGE TOP