TOP > 研究報告検索 > ワーキングメモリから考える仕組みを探る

ワーキングメモリから考える仕組みを探る

研究報告コード R993100974
掲載日 2002年9月30日
研究者
  • 船橋 新太郎
研究者所属機関
  • 京都大学総合人間学部
研究機関
  • 京都大学総合人間学部
報告名称 ワーキングメモリから考える仕組みを探る
報告概要 注視・眼球運動組合わせ遅延反応課題(ODR)と条件性遅延眼球運動課題(c-ODR)で検討した。サルがモニター中央の注視点を凝視すると周辺の一点に手がかり刺激(A)が現れて消える。遅延期間3秒を経過後ODRではAのあった位置,c-ODRではAから90度時計回りの位置まで眼球が運動するとサルに報酬を与えた(図1)。課題関連活動があり位置・運動方向選択性を持つ83個のニューロン(I)を分析した。A提示期の一過性応答の位置選択性は両課題で一致し,前頭連合野に入力した視覚情報を反映した。遅延期間活動では89%のIはA提示位置情報を,11%のIは運動方向情報を表象した(図2)。これはI間相互作用による視覚情報から運動情報への変換を示唆する。多I活動から168対の単一I活動を分離し,I発火相関分析を行い,36%で時間0にピークを持つ対称の,45%で時間0以外にピークを持つ非対称の相関グラフを得た(図3)。前者は同時発火と共通入力の可能性を,後者は連続発火と興奮性結合関係を示唆した。異なる応答選択性を持つIの課題進行に伴う増加は相互作用の情報変換・生成への関与を示唆した。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R993100974_01SUM.gif R993100974_02SUM.gif R993100974_03SUM.gif
研究分野
  • 心理学一般
  • 細胞生理一般
  • 筋肉・運動系一般
  • 中枢神経系
  • 視覚
関連発表論文 (1)船橋新太郎(1997)ワーキング・メモリーの神経機構.失語症研究 17:126-133.
(2)船橋新太郎(1997)前頭連合野と作業記憶 神経眼科 14:219-227.
(3)Funahashi, S., Hara, S., and Inoue, M. (1997) Dynamic interactions among prefrontal neurons revealed by cross-correlation analysis. Neuroscience Research, Suppl. 21: S256.
(4)Inoue, M., Funahashi, S., Kubota, K. (1997) Delay-period activity is affected by visual cues presented outside the memory field. Neuroscience Research, Suppl. 21: S253.
(5)Funahashi, S., Hara, S., Inoue, M. (1997) Dynamic interactions among prefrontal neurons in relation to working memory processes. Society for Neuroscience Abstract, 23: 1615.
(6)船橋新太郎(1997)短期記憶と作業記憶 Brain Medical 10:61-67,1998.
(7)船橋新太郎(1998)ワーキング・メモリーから思考のメカニズムを考える 科学 68:732-738.
(8)船橋新太郎(1998)作業記憶の神経機構と前頭連合野 心理学評論 41:96-117,1998.
(9)船橋新太郎(1998)前頭連合野の機能を作業記憶で説明できるか? 心理学評論 41:138-140.
(10)船橋新太郎(1998)網膜座標系から頭部中心座標系への変換メカニズム Equilibrium Research 57:353-368.
(11)船橋新太郎(1998)ワーキング・メモリーの神経メカニズム 脳の科学 20:1077-1083.
(12)船橋新太郎(1998)ワーキング・メモリー 医学のあゆみ 185:810-811.
(13)Funahashi, S. (1998) Dynamic changes in interaction between prefrontal neurons revealed by joint-PSTH analysis. Neuroscience Research, Suppl. 22: S231.
(14)Funahashi, S. (1998) Dynamic changes in interactions among prefrontal neurons in relation to working memory processes. Society for Neuroscience Abstract, 24: 1426.
(15)Shinomoto, S., Sakai, Y., Funahashi, S. (1999) The Ornstein-Uhlenbeck process dose not reproduce spiking statistics of neurons in prefrontal cortex. Neural Computation 11: 935-951.
(16)Sakai, Y., Funahashi, S., Shinomoto, S. (1999) Temporally correlated inputs to leaky integrate-and-fire models can reproduce spiking statistics of cortical neurons. Neural Networks, 12: 1181-1190.
研究制度
  • さきがけ研究21、「知と構成」領域/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 船橋 新太郎. ワーキングメモリから考える仕組みを探る. 「さきがけ研究21」研究報告会「知と構成」領域 講演要旨集(研究期間1996-1999),1999. p.45 - 50.

PAGE TOP