TOP > 研究報告検索 > 巨大分子のナノ空間を利用する機能制御

巨大分子のナノ空間を利用する機能制御

研究報告コード R993100446
掲載日 2002年9月30日
研究者
  • 相田 卓三
研究者所属機関
  • 東京大学大学院工学系研究科化学生命工学専攻
研究機関
  • 東京大学大学院工学系研究科化学生命工学専攻
報告名称 巨大分子のナノ空間を利用する機能制御
報告概要 樹木状高分子(デンドリマー)の合成技術に着目し,それらが提供するナノメートルスケールの空間に特定の官能基を位置特異的に組み込み,生体にせまり,生体を越える新たな機能発現の可能性を探求した。ポリベンジルエーテル型デンドリマーの中央部にヘムタンパクの活性部位と類似の構造を有するポルフィリンを導入した。図1にデンドリマーポルフィリン((Ln)4PH2)) を示す。デンドリマーの内部空間はきわめてユニークで,光捕集アンテナ機能とは別に,通常不安定な化学種を立体的な包み込みによって安定化させる潜在能力を有している。ベンゼン環3層のデンドリマー組織を有するトリアザシクロノナンの銅錯体は,酸素捕捉錯体を形成するのに長い時間を要したが,生成物は「デンドリマーで内包される」ことにより,きわめて安定化される。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R993100446_01SUM.gif
研究分野
  • 生体物質一般
  • 酵素一般
  • 生体工学一般
  • 分子・遺伝情報処理
関連発表論文 (1)Molecular Design of a Novel Photocrosslinkable Dendrimer Consisting of Nucleobase Units. Tominaga, Masahide; Hosogi, Jun; Konishi, Katsuaki; Aida, Takuzo, submitted.
(2)Activation of Molecular Oxygen by Infrared Photons in a Spherical Dendrimer. Jiang, Dong-Lin; Kitamori, Takehiko; Aida, Takuzo, submitted.
(3)Self-Assembly of a Copper-Ligating Dendrimer that Provides a New Non-Heme Metalloprotein Mimic: ”Dendrimer Effects” on Stability of the Bis(μ-oxo) dicopper(III) Core. Enomoto, Masashi; Aida, Takuzo J. Am. Chem. Soc. 1999, 121, 874-875.
(4)Morphology-Dependent Photochemical Events in Aryl Ether Dendrimer Porphyrins: Cooperation of Dendron Subunits for Singlet Energy Transduction. Jiang, Dong-Lin; Aida, Takuzo J. Am. Chem. Soc. 1998, 120, 10895-10901.
(5)Electrostatic Assembly of Dendrimer Electrolytes: Negatively and Positively Charged Dendrimer Porphyrins. Tomioka, Nobuyuki; Takasu, Daisuke; Takahashi, Toshie; Aida, Takuzo Angew. Chem., Int. Ed. 1998, 37, 1531-1534.
(6)A New Approach to Light-harvesting with Dendritic Antenna. Aida, Takuzo; Jiang, Dong-Lin; Yashima, Eiji; Okamoto, Yoshio Thin Solid Films 1998, 331, 254-258.
(7)Photoisomerization in Dendrimers by Harvesting of Low-Energy Photons. Jiang, Dong-Lin; Aida, Takuzo Nature 1997, 388, 454-456.
(8)Dendrimer-Encapsulated Iron Porphyrin as a Novel Hemoprotein Mimic for Dioxygen Binding. Jiang, Dong-Lin; Aida, Takuzo J. Macromol. Sci., Pure Appl. Chem. 1997, A34, 2047-2055.
(9)機能性デンドリマーポルフィリンの分子設計 江 東林、貞許礼子、富岡伸之、相田卓三 高分子論文集、1997,54,674-683.
研究制度
  • さきがけ研究21、「場と反応」領域/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 相田 卓三. 巨大分子のナノ空間を利用する機能制御. 「さきがけ研究21」研究報告会「場と反応」領域 講演要旨集(研究期間1996-1999),1999. p.5 - 14.

PAGE TOP