TOP > 研究報告検索 > フェムトの時間域で電子を操作する

フェムトの時間域で電子を操作する

研究報告コード R993100449
掲載日 2002年9月30日
研究者
  • 小森 和弘
研究者所属機関
  • 産業技術総合研究所光技術部門(旧電子技術総合研究所)光電子制御デバイスグループ
研究機関
  • 工業技術院電子技術総合研究所光技術部
報告名称 フェムトの時間域で電子を操作する
報告概要 半導体中における超高速現象(コヒーレント現象)のデバイス応用に向け,フェムトの時間域で半導体中のキャリアを人工操作するため,
(1)高品質の結合ナノ構造を用いた結合電子系の形成に関する研究,
(2)超高速光制御位相同期パルス列の形成に関する研究,
(3)半導体ナノ構造中の励起子の超高速光制御・計測に関する研究を行った。位相同期超短光パルス列を用いた半導体量子構造中の励起子のフェムト秒時間域の人工操作の実験により,コヒーレント制御法の有効性を実証した。コヒーレント制御に適した位相緩和時間の長い材料,多体効果の低減,動作温度特性の向上等の課題に対しては,位相緩和時間が長く,多体効果が少ないとされる量子箱等の半導体低次元構造の利用が有望である。従来の素子よりも高速なフェムトの時間域で動作する新しい光,電子素子(光制御型光変調素子,テラヘルツ電磁発生素子,量子情報素子等)への応用が期待される。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R993100449_01SUM.gif R993100449_02SUM.gif
研究分野
  • 量子光学一般
  • 半導体結晶の電子構造
  • 金属結晶の電子伝導
  • 光導電素子
関連発表論文 (1)K. Komori, M. Arakawa, ”Electron states in crescent shaped GaAs coupled quantum-wires” Jpn. J. of Appl. Phys., 1, 3, 1927-1932, (Mar. 1997)
(2)K.Komori, X.L.Wang, M.Ogura, and H.Matsuhata, ”Observation of exciton states in GaAs coupled quantum wires on a V-grooved substrate”, Appl. Phys. Lett., 71, 23, 3350-3352, (Dec.1997)
(3)K. Takasago, M. Takekawa, M. Suzuki, K. Komori, and F. Kannari, ”Evaluation of femtosecond pulse shaping with low-loss phase only masks”, IEEE J. of Selected Topics in Quantum Electron., 4, 2, 346-352, (Mar. 1998)
(4)K.Komori, F.Sasaki, X.L.Wang, M.Ougra, and H.Matsuhata, ”Barrier thickness dependence of optical properties in GaAs coupled quantum wires”, Solid State Electron., 42, 7-8, 1211-1216, (July 1998)
(5)K.Komori, X.L.Wang, M.Ogura, H.Matsuhata, and A.Hamoudi, ”Subband structure of GaAs coupled quantum wires on V-grooved substrate”, IST. phys. conf. series, 1997 IEEE Inter. Symp. on Coumpound Semicond., 97TH8272, 557, (1998)
(6)K.Komori, T.Asahara, T.Sugaya, M.Watanabe, and T.Hidaka, ”Coherent Control of Excitons in Quantum Well Structure by Pulse Shaping Technique”, Proc. of LEOS'98, 98CH36243, 2, 59-60 (Dec.1998)
(7)K. Komori, T. Asahara, T. Sugaya, M. Watanabe, and T. Hidaka ”Coherent control of excitons in single and coupled quantum wells” SPIE Proc. of Ultrafast Phenomena in Semiconductor 3, 3624, 159-166, (Jan.1999)
研究制度
  • さきがけ研究21、「場と反応」領域/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 小森 和弘. フェムトの時間域で電子を操作する. 「さきがけ研究21」研究報告会「場と反応」領域 講演要旨集(研究期間1996-1999),1999. p.37 - 45.

PAGE TOP