TOP > 研究報告検索 > 偏光で機能する高分子を偏光分光法で観る

偏光で機能する高分子を偏光分光法で観る

研究報告コード R993100454
掲載日 2002年9月30日
研究者
  • 田和 圭子
研究者所属機関
  • 産業技術総合研究所関西センター(旧大阪工業技術研究所)人間系特別研究系刺激応答材料研究グループ
研究機関
  • 工業技術院大阪工業技術研究所光機能材料部
報告名称 偏光で機能する高分子を偏光分光法で観る
報告概要 高分子と光応答性分子の相互作用が偏光誘起異方性に与える効果を,偏光分光法によって光応答性分子の動きや配向から明らかにしたい。光応答性分子としてpush-pull型のアゾ系色素を用い,マトリクスに極性の高い置換基をもつ高分子を選択することによって,偏光誘起異方性の高速応答性が期待できる。さらにアゾ分子の異方性挙動に基づいて異方性が発現することがわかったので,光応答性分子の置換基を考慮した分子設計及び,自由体積,分子の立体障害,極性基等を考慮した適切な高分子の選択を行うことにより,光スイッチング素子あるいは光論理素子への応用が期待できる。また,分子の運動性が加速されるといわれている超薄膜においては,この指針によって異方性が大きく,応答速度の速い材料が作製できると期待される。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R993100454_01SUM.gif R993100454_02SUM.gif
研究分野
  • ホログラフィーの応用
  • 偏光測定と偏光計
  • 光物性一般
  • 芳香族単環ヒドロキシルアミン及びヒドラジンその他の芳香族単環多窒素直結化合物
  • 高分子固体の物理的性質
  • 光導電素子
関連発表論文 (1)K. Tawa, K. Kamada, T. Sakaguchi, and K. Ohta ”Polarized Light-Induced Anisotropy of Azo Dyes Studied by Polarized FTIR Spectroscopy”, AIP Conference Proceedings 430, 535 (1998). (11th International Conference on Fourier Transform Spectroscopy).
(2)K. Tawa, K. Kamada, T. Sakaguchi, and K. Ohta ”Polarized Light-Induced Anisotropy in Polymer Films Doped with Azo Dyes in the Photostationary State Studied by IR Spectroscopy”, MRS Symposium Proceedings, 488, 885 (1998). (Materials Research Society 1997 Fall Meeting).
(3)K. Tawa, K. Kamada, T. Sakaguchi, and K. Ohta ”Polarized-Light Induced Anisotropy in Azo-Dye-Doped Methacrylate Polymers Studied by Polarized IR Spectroscopy”, Polymer Preprints in ACS39(2), 306(1998).
(4)K. Tawa, K. Kamada, T. Sakaguchi, and K. Ohta ”Photoinduced Anisotropy in a Polymer Doped with Azo Dyes in the Photostationary State Studied by Polarized FT-IR Spectroscopy”, Applied Spectroscopy, 52, 1536 (1998).
(5)K. Tawa, K. Kamada, T. Sakaguchi, and K. Ohta ”Polarized Light-induced Anisotropy Depending on Polymer Matrices Studied by Polarized FTIR Spectroscopy”, Macromol. Symp., 137, 147 (1999).
(6)K. Tawa, K. Kamada, and K. Ohta “Local environment dependence of photoinduced anisotropy observed in azo-dye-doped polymer films”, Polymer, 41, 3235 (2000).
(7)K. Tawa, K. Kamada, and K. Ohta ”FT-IR Spectroscopy as a Tool for Investigating Photoactive Polymeric Systems”, Proceedings of 12th. International Conference on Fourier Transform Spectroscopy.P.167 (1999).
(8)K. Tawa, K. Kamada, and K. Ohta ”Azo-dyes structure dependence of photoinduced anisotropy observed in PMMA films”, J. Photochem. Photobiol. A. 134, 185 (2000)
(9)偏光で観る「偏光で機能する高分子」田和圭子,高分子48(11)(1999).
研究制度
  • さきがけ研究21、「場と反応」領域/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 田和 圭子. 偏光で機能する高分子を偏光分光法で観る. 「さきがけ研究21」研究報告会「場と反応」領域 講演要旨集(研究期間1996-1999),1999. p.87 - 96.

PAGE TOP