TOP > 研究報告検索 > 電子とエネルギーの流れで分子の姿を見る

電子とエネルギーの流れで分子の姿を見る

研究報告コード R993100455
掲載日 2002年9月30日
研究者
  • 石田 昭人
研究者所属機関
  • 大阪大学産業科学研究所機能分子科学研究部門
研究機関
  • 大阪大学産業科学研究所機能分子科学研究部門
報告名称 電子とエネルギーの流れで分子の姿を見る
報告概要 光合成に近い機能をもつ高性能光触媒システムを構築するために,2個の分子を任意の媒体中で任意の距離と角度に接近させて光励起し,エネルギー移動や電子移動を直接観測し,光を波長サイズ以下の空間に送り込むことができる「近接場光学」を応用した新規な方法論を開拓した。エネルギーや電子の移動を直接観測できれば植物と同様の光触媒システムの構築に有効で,センサや発光材料の開発にも応用できる。「表面プラズモン場」と「自己組織化単分子膜」を使って金表面上のエネルギー・電子移動反応の観測と応用に関する研究を展開し,蛍光増強効果の検証と応用,自己組織化単分子膜形成・交換過程の観測,原子間力顕微鏡のチップ修飾などの成果を得た。表面プラズモン励起によって湿式太陽電池の光利用効率が著しく向上した。国内特許出願3件(特開平10-267946,特開平10-340742,特開平10-193536),国際特許出願2件(US Patent6,127,624;EPC No. 98304436.3)
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R993100455_01SUM.gif R993100455_02SUM.gif R993100455_03SUM.gif
研究分野
  • 電子レンズ,電子エネルギー分析器
  • 固体プラズマ
  • 光化学反応
  • 生体物質一般
  • 太陽電池
関連発表論文 (1)Photocurrent Generation of a Porphyrins Self-Assembly Monolayer on a Gold Filmby Electrode by Surface Plasmon Excitation using Near-IR Light. Ishida, A.; Majima, T. Chem. Lett., 322, 242-246(2000).
(2)Surface Plasmon Enhanced Fluorescence Measurement on Flat and Constructed Gold Surfaces. Ishida, A.; Majima, T. Analyst, in press (2000).
(3)Specific and Quantized Antigen/Antibody Interaction Measured by Atomic Force Microscopy. Harada, Y.; Kuroda, M.; Ishida. A. Langmuir, in press (1999).
(4)Surface Plasmon Excitation of Porphyrin Self-assembly Monolayers on a Gold Surface. Ishida, A.; Majima, T. Nanotechnology, 10, 308-314 (1999).
(5)Surface Plasmon Enhanced Fluorescence Spectroscopy towards Observation of Molecular Exchange in a Self-Assembly Monolayer. Ishida, A.; Majima, T. Chem. Comm., 1999, 1299-1300.
(6)Photocurrent Generation by Surface Plasmon Excitation via Electron Transfer Quenching of Excited Porphyrins Linked Covalently to a Gold Film Electrode. Ishida, A.; Sakata, Y.; Majima, T. Chem. Lett., 1998, 267-268.
(7)Surface plasmon excitation of a porphyrin covalently linked to a gold surface. Ishida, A.; Sakata, Y.; Majima, T. Chem. Commun., 1998, 57-58.
研究制度
  • さきがけ研究21、「場と反応」領域/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 石田 昭人. 電子とエネルギーの流れで分子の姿を見る. 「さきがけ研究21」研究報告会「場と反応」領域 講演要旨集(研究期間1996-1999),1999. p.97 - 110.

PAGE TOP