TOP > 研究報告検索 > 転写因子による細胞癌化の制御

転写因子による細胞癌化の制御

研究報告コード R993100471
掲載日 2007年5月11日
研究者
  • Lamphier M.S.
研究者所属機関
  • 科学技術振興事業団 さきがけ研究21
研究機関
  • 科学技術振興事業団 創造科学技術推進事業
報告名称 転写因子による細胞癌化の制御
報告概要 細胞ががん化する場合,いくつかの生物機能が異常になっている。がん細胞においては,細胞増殖の抑制機構が機能しなくなり,通常では死ぬはずの状況下で細胞死が誘導されず,細胞老化することなく増え続ける。従って,細胞のがん化を研究することによって,細胞増殖,細胞死,細胞老化といった根本的な生物機能に洞察を加えることができる。Interferon Regulatory Factor-1(IRF-1)は,当初,ウイルスやバクテリアに対する生体防御に重要な転写因子として研究されてきたが,最近,がん抑制機能の他,細胞周期・細胞死・DNA損傷に対する応答を制御する機能も持つことが明らかになった。本研究では,IRF-1による細胞増殖・細胞死の制御,細胞がん化の抑制,さらにこれらの機能に関与している標的遺伝子の同定を行った。加えて,別のがん抑制因子・転写因子であるp53との相互作用を解明し,共通の標的遺伝子の同定に成功した(図1,図2)。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R993100471_01SUM.gif R993100471_02SUM.gif
研究分野
  • 遺伝子の構造と化学
  • 細胞分裂・増殖
  • 腫ようの化学・生化学・病理学
関連発表論文 (1)N. Tanaka, M. Ishihara, M. Lamphier, H. Nozawa, T. Matsuyama, T. Mak, T. Tokino, M. Oren & T. Taniguchi. Cooperation of two anti-oncogenic factors, IRF-1 and p53, in radiation-induced cell cycle arrest and p21 gene transcription. Nature 382, 816-819 (1996)
(2)T. Taniguchi, H. Harada & M. Lamphier. Regulation of the interferon system and cell growth by the IRF transcription factors. J. Cancer Clin Oncol. 121, 516-520. (1995)
(3)T. Tamura, M. Ishihara, M. Lamphier, S. Aizawa, T. Mak, T. Taniguchi. An IRF-1-dependent pathway of DNA damage-induced apoptosis in mitogen-activated T lymphocytes. Nature, 376, 596-599 (1995).
(4)H. Harada, T. Kondo, S. Ogawa, M. Kitagawa, T. Tamura, N. Tanaka, H. Hirai, M. Lamphier & T. Taniguchi. Exon skipping of IRF-1 mRNA in human myelodysplasia/leukemia suggests a novel mechanism for tumor suppressor inactivation. Oncogene 9, 3313-3320 (1994).
(5)M.S. Lamphier & T. Taniguchi. The transcription factors IRF-1 and IRF-2 link the interferon response and cell growth control. The Immunologist, 2, 167-171 (1994).
(6)N. Tanaka, M. Ishihara, M. Kitagawa, H. Harada, T. Kimura, T. Matsuyama, M. Lamphier, S. Aizawa, T. Mak & T. Taniguchi. Cellular commitment to oncogene-induced transformation or apoptosis is dependent on the transcription factor IRF-1. Cell 77, 1-20. (1994).
(7)H. Yamamoto, M. Lamphier, T. Fujita, T. Taniguchi & H. Harada. The oncogenic transcription factor IRF-2 possess a transcriptional repression and latent activation domain. Oncogene, 9, 1423-1428 (1994)
研究制度
  • さきがけ研究21、「遺伝と変化」領域/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • Lamphier M.S.. 転写因子による細胞癌化の制御. 「さきがけ研究21」研究報告会「遺伝と変化」領域 講演要旨集(研究期間1994-1997),1997. p.35 - 43.

PAGE TOP