TOP > 研究報告検索 > 抗体を利用したHIVワクチンの設計

抗体を利用したHIVワクチンの設計

研究報告コード R993100472
掲載日 2007年5月11日
研究者
  • 熊谷 善博
研究者所属機関
  • 住友電気工業バイオメディカル研究部
研究機関
  • 住友電気工業バイオメディカル研究部
報告名称 抗体を利用したHIVワクチンの設計
報告概要 多くのウイルス感染症の予防と治療に有効な能動免疫誘導あるいは受動免疫法は,ヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染症候群であるエイズでは確立されていない。それは,HIVの複雑巧妙な体内動態に加え,ウイルス排除に有効な機能的免疫の確立が困難なことや,HIVの多変異性に起因すると考えられる。本研究により,1)この構造多様性を有する抗体超可変部にHIVの主要エピトープ(V3エピトープ)を分子移植し,感染HIVの多変異性に対応するV3エピトープライブラリーを作製(図1)し,機能的免疫応答を誘導する目的にかなった安全性の高いAIDSワクチン分子を構築することが可能となった。その過程で、2)抗体超可変部にマルチプルにHIV-1MN株のPNDを蛋白質工学的に分子移植し,抗体のFc部の生物活性を有効に利用することにより,従来のペプチドワクチンよりも500~l000倍免疫誘導効率の良い,副作用の無いワクチン(Ig-PND8)を分子設計(図2)できた。5)エピトープ移植抗体の高い免疫誘導効率を保証するメカニズムを確認した(図3)。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R993100472_01SUM.gif R993100472_02SUM.gif R993100472_03SUM.gif
研究分野
  • 感染免疫
  • 免疫療法薬・血液製剤の基礎研究
関連発表論文 (1)Sato, T., Sasahara, T., Nakamura, Y., Osaki, T., Hasegawa, T., Tadakuma, T. Arata, Y., Kumagai, Y., Katsuki, H., and Habu, S. Naive T cells can mediate delayed-typehypersensitivity response in T cell receptor transgenic mice. Eur. J. Immunol. 24, 1512-1516, (1994)
(2)Kumagai, Y. :Immunogenicity and processing of HIV V3 epitopes grafted into the immunoglobulin hypervariable regions, Molecular Approaches to the Control of Infectious Diseases, p.41, Cold Spring Harbor Laboratory Press, New York, (1996)
(3)Kumagai, Y., Molecular grafting of polyvalent V3 epitopes of HIV envelope protein into the immunoglobulin hypervariable regions and induction of immune response. In “Vaccines'96” (ed. Norrby, E. et al.), Cold Spring Harbor Laboratory Press, New York p283-288, (1996)
(4)Goto, M., Hacimura, S., Ametani, A., Sato, T., Kumagai, Y., Habu, S., Ishikawa, H., Kaminogawa, S., Orally administered Ag affects the IEL population and activates intraepitherial CD4T cells expressinga transgenic ab T cell receptor. J. Immunol. in press
(5)Goto, M., Hacimura, S., Ametani, A., Sato, T., Kumagai, Y., mak. T.W., and Habu, S.: Evidence for down-reguration of highly expressed TCR by CD4 and CD45 on non-selected CD4+ CD8+ thymocytes. International Immunol. 8, 1529-535, (1996)
研究制度
  • さきがけ研究21、「遺伝と変化」領域/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 熊谷 善博. 抗体を利用したHIVワクチンの設計. 「さきがけ研究21」研究報告会「遺伝と変化」領域 講演要旨集(研究期間1994-1997),1997. p.45 - 54.

PAGE TOP