TOP > 研究報告検索 > 空間認知に関わる情報伝達分子

空間認知に関わる情報伝達分子

研究報告コード R993100475
掲載日 2002年9月30日
研究者
  • 水野 健作
研究者所属機関
  • 東北大学大学院生命科学研究科情報伝達分子解析講座
研究機関
  • 九州大学理学部生物学科代謝生理学
報告名称 空間認知に関わる情報伝達分子
報告概要 プロテインキナーゼは細胞内シグナル伝達経路において中心的な役割を果たしている。新しいプロテインキナーゼの発見とその機能の解明は,未知の細胞内シグナル伝達経路の解明につながる重要な研究課題である。LIMドメインとよばれるジンクフィンガ構造を分子内にもつ新しいタイプのプロテインキナーゼであるLIMキナーゼ1(LIMK1)の細胞機能と生理機能の解明を目指して研究を進め,LIMK1が発生過程の神経系に高発現すること,アクチンに結合し,細胞に過剰発現させると,アクチンの重合を著しく促進することを見い出した(図1,図2)。また,LIMK1遺伝子のヒト染色体上の位置を第7染色体長腕7q11.23と決定したが,この位置はウイリアムス症候群とよばれるヒト遺伝病(図3)で半接合体欠失がみられる位置に相当する。この遺伝病にみられる視覚性空間認知の障害はLIMK1遺伝子の半接合体欠失によることが示唆されている。アクチン骨格系は神経突起の伸展に重要な役割を果たしていることが知られているが,これらの結果を考え合わせると,LIMK1はアクチン骨格系の制御を介して神経回路の形成過程に関与していると考えられる。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R993100475_01SUM.gif R993100475_02SUM.gif R993100475_03SUM.gif
研究分野
  • 遺伝子の構造と化学
  • 視覚
  • 神経系の疾患
関連発表論文 (1)Nunoue, K., Ohashi, K., Okano, I, and Mizuno, K. LIMK-1 and LIMK-2, two members of a LIM motif-containing protein kinase family. Oncogene, 11, 701-710 (1995)
(2)Okano, I., Hiraoka, J., Otera, H., Nunoue, K., Ohashi, K., Iwashita, S., Hirai, M., and Mizuno, K. Identification and characterization of a novel family of serine/threonine kinases containing N-terminal two LIM motifs. J. Biol. Chem., 270, 31321-31330 (1995)
(3)Toshima, J., Ohashi, K., Okano, I., Nunoue, K., Kishioka, M., Kuma, K., Miyata, T., Hirai, M., Baba, T., and Mizuno, K. Identification and characterization of a novel protein kinase, TESK1, specifically expressed in testicular germ cells. J. Biol. Chem., 270, 31331-31337 (1995)
(4)Kuroda, S., Tokunaga, C., Kiyohara, Y., Higuchi, O., Konishi, H., Mizuno, K., Gill, G.N., and Kikkawa, U. Protein-protein interaction of zinc finger LIM domains with protein kinase C.J. Biol. Chem., 271, 31029-31032 (1996)
(5)Higuchi, O., Baeg, G.-H., Akiyama, T., and Mizuno, K. Suppression of fibroblast cell growth by overexpression of LIM-kinase 1. FEBS Lett., 396, 81-86 (1996)
(6)Hiraoka, J., Okano, I., Higuchi, O., Yang, N., and Mizuno, K. Self-association of LIM-kinase 1 mediated by interaction between an N-terminal LIM domain and a C-terminal kinase domain. FEBS Lett., 399, 117-121 (1996)
(7)Higuchi, O., Amano, T., Yang, N., and Mizuno, K. Inhibition of activated Ras-induced neuronal differentiation of PC12 cells by the LIM domain of LIM-kinase 1. Oncogene, 14, 1819-1825 (1997)
(8)Mori, T., Okano, I., Mizuno, K., Tohyama, M., and Wanaka, A. Comparison of tissue distribution of two novel serine/threonine kinase genes containing the LIM motif (LIMK-1 and LIMK-2) in the developing rat. Molec. Brain Res., 45, 247-254 (1997)
(9)Toshima, J., Nakagawara, K., Mori, M., Noda, T., and Mizuno, K. Structural organization and chromosomal localization of the mouse tesk1 (testis-specific protein kinase 1) gene. Gene, in press (1997)
(10)Ikebe, C., Ohashi, K., Fujimori, T., Bernard, O., Noda, T., Robertson, E.J., and Mizuno, K. Mouse LIM-kinase 2 gene: cDNA cloning, genomic organization and tissue-specific expression of two alternatively initiated transcripts. Genomics, in press (1997)
(11)水野健作、樋口理、LIMドメイン:蛋白質間の相互作用に関わるダブルジンクフィンガー、蛋白質核酸酵素、42,2061-2071(1997)
研究制度
  • さきがけ研究21、「遺伝と変化」領域/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 水野 健作. 空間認知に関わる情報伝達分子. 「さきがけ研究21」研究報告会「遺伝と変化」領域 講演要旨集(研究期間1994-1997),1997. p.75 - 83.

PAGE TOP