TOP > 研究報告検索 > 発生工学を使うとウズラにハトを産ませられるか?

発生工学を使うとウズラにハトを産ませられるか?

研究報告コード R993100476
掲載日 2002年9月30日
研究者
  • 桑名 貴
研究者所属機関
  • 環境省 国立水俣病総合研究センター基礎研究部
研究機関
  • 環境省国立水俣病総合研究センター基礎研究部
報告名称 発生工学を使うとウズラにハトを産ませられるか?
報告概要 鳥類の始原生殖細胞(PGC;将来の精子や卵子の元になる細胞)の分化機構を解明し,PGCの培養法を開発して鳥類で異種間生殖巣キメラを作出することを目的として研究を行なった(図1)。そのために,まずニワトリを用いてPGCを一たん生体外に採り出してから異系統のニワトリはいに移植した。このはいをふ化したひなが親鶏になった後に子孫を調べると約80%の子孫は移植したPGC由来の子孫となり,すなわち,PGCを異系統のはいに高効率に導入することが可能となった(表1)。また,このPGCを試験管内で細胞成長因子を添加して培養したところ,7日間で約100倍まで細胞数を増加することができた。この生体内の環境を反映した培養液を開発したことにより,多くの鳥類はい由来の細胞株を樹立することができた。この研究結果は,開発した培養系を用いて外来遺伝子を子孫に効率よく導入したり,1個体の受精卵から多くの子孫を得るための基礎技術が開発されたことを意味している。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R993100476_01SUM.gif R993100476_02SUM.gif
研究分野
  • 遺伝子発現
  • 遺伝子操作
  • 細胞生理一般
関連発表論文 (1)M. Watanabe, M. Naito, E. Sasaki, M. Sakurai. T. Kuwana, and T. Oishi. Liposome-mediated DNA transfer into chicken primordial germ cells in vivo. Molecular Reprod. Develop., 38, 268-274, (1994).
(2)M. Naito, A. Tajima, Y, Yoshiaki, and T. Kuwana. Production of germline chimeric chickens, with high transmission rate of donor-derived gametes, produced by transfer of primordial germ cells. Molecular Reprod. Develop., 39, 153-161, (1994).
(3)M. Naito, A. Tajima, T. Tagami, Y, Yoshiaki, and T. Kuwana. Preservation of chick primordial germ cells in liquid nitrogen and subsequent production of viable offspring. J. Reprod. & Fertl., 102, 321-325, (1994).
(4)H. Ohuchi, T. Nakagawa, M. Yamauchi, T. Ohta, H. Yoshioka, T. Kuwana, T. Mima, T. Mikawa, T. Nohno, and S. Noji. An additional limb can be induced from the flank of the chick embryo by FGF4. Biochem. Bioph. Res. Comm., 209, 809-816, (1995).
(5)Kawakami, T. Ishikawa, M. Shimabara, N. Tanda, M. Enomoto-Iwamoto, T. Kuwana, A. Ueki, S. Noji and T. Nohno. BMP signaling during bone pattern determination in the developing limb. Development, 122, 3557-3566, (1996).
(6)T. Kuwana, K. Hashimoto, A. Nakanishi, Y. Yasuda, A. Tajima and M. Naito. Long-term culture of avian embryonic cells in vitro. Internat. J. Develop. Biol., 40, 1061-1064, (1996).
(7)H. Ohuchi, T. Nakagawa, A. Yamamoto, A. Araga, T., Ohata, Y. Ishimaru, H. Yoshioka, T. Kuwana, T. Nohno, M. Yamasaki, N. Itoh and S. Noji. The mesenchymal factor, FGF10, initiates and maintains the outgrowth of the chick limb bud through interaction with FGF8, an apical ectodermal facter. Development, 124, 2235-2244, (1997).
研究制度
  • さきがけ研究21、「遺伝と変化」領域/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 桑名 貴. 発生工学を使うとウズラにハトを産ませられるか?. 「さきがけ研究21」研究報告会「遺伝と変化」領域 講演要旨集(研究期間1994-1997),1997. p.85 - 90.

PAGE TOP