TOP > 研究報告検索 > ナノ構造の赤外・テラヘルツ・高周波応答 励起子の動的フランツ-ケルディッシュ効果

ナノ構造の赤外・テラヘルツ・高周波応答 励起子の動的フランツ-ケルディッシュ効果

研究報告コード R990003930
掲載日 2001年2月6日
研究者
  • Nordstrom K.B.
  • Kouwenhoven L
  • Allen S.J.
  • Jauho A.-P.
  • Birnir B.
  • 河野 淳一郎
  • 野田 武司
  • 秋山 英文
  • 榊 裕之
研究者所属機関
  • Center for Terahertz Science and Technology and Department of Physics,University of California, Santa Barbara
  • Department of Applied Physics, Delft University of Technology, The Netherlands
  • Mathematics Department, University of California, Santa Barbara, California
  • Mikroelektronik Centret, Technical University of Denmark, Bldg 345east, Dk-2800 Lhngby, Denmark
  • Mikroelektronik Centret, Technical University of Denmark, Bldg 345east, Dk-2800 Lhngby, Denmark
  • 科学技術振興事業団 国際共同研究事業
  • 東京大学生産技術研究所
  • 東京大学物性研究所
  • 東京大学先端科学技術研究センター
研究機関
  • Center for Terahertz Science and Technology and Department of Physics,University of California, Santa Barbara
  • Mikroelektronik Centret, Technical University of Denmark
  • 東京大学生産技術研究所
  • 東京大学物性研究所
  • 科学技術振興事業団 国際共同研究事業
  • 科学技術振興事業団
報告名称 ナノ構造の赤外・テラヘルツ・高周波応答 励起子の動的フランツ-ケルディッシュ効果
報告概要 テラヘルツ強磁場下でバンドギャップ近傍の吸収を測定することによって,ダイナミックフランツ-ケルディッシュ効果の初観測に成功した。
この現象は直流電場下でのフランツ-ケルディッシュ効果と多光子吸収のギャップを埋めるものである。また,この効果はテラヘルツACシュタルク効果による励起子共鳴のエネルギーシフトと競合しなければならない。したがって,著者らはこれをエキシトニックなフランツ-ケルディッシュ効果と呼ぶ。テラヘルツ電場を非摂動論的に取り入れた著者らの理論は,実験結果をうまく説明する。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R990003930_01SUM.gif R990003930_02SUM.gif R990003930_03SUM.gif
研究分野
  • 半導体レーザ
  • 光集積回路,集積光学
  • 半導体薄膜
  • 13‐15族化合物を含む半導体-半導体接合
  • 固体デバイス製造技術一般
関連発表論文 (1)A.-P. Jauho and K. Johnsen, Phys. Rev. Lett. 76, 4576 (1996); K. Johnsen and A.-P. Jauho, Phys. Rev. B 57, 8860 (1998).
(2)J. Kono, M.Y. Su, T. Inoshita, T. Noda, M.S. Sherwin, S.J. Allen, and H. Sakaki, Phys. Rev. Lett. 79, 1758 (1997).
(3)H. Haug and A.-P. Jauho, Quantum Kinetics in Transport and Optics of Semiconductors (Springer, Berlin, 1996).
(4)K. Johnsen and A.-P. Jauho (unpublished).
(5)K.B. Nordstrom, K. Johnsen, S.J. Allen, A.-P. Jauho, B. Birnir, J. Kono, T. Noda, H. Akiyama, and H. Sakaki, Phys. Rev. Lett. 81, 457 (1998).
研究制度
  • 国際共同研究事業、量子遷移プロジェクト/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • Nordstrom K.B.,Johnsen K.,Allen S.J.,Jauho A.-P.,Birnir B.,河野 淳一郎,野田 武司,秋山 秀文,榊 裕之. ナノ構造の赤外・テラヘルツ・高周波応答 励起子の動的フランツ-ケルディッシュ効果. 国際共同研究事業 量子遷移プロジェクト 研究終了報告書 第I分冊:本編(研究期間:1994-1998),1999. p.206 - 209.

PAGE TOP