TOP > 研究報告検索 > ペプチドでTリンパ球の特異性をさぐる

ペプチドでTリンパ球の特異性をさぐる

研究報告コード R993100834
掲載日 2002年9月30日
研究者
  • 宇高 恵子
研究者所属機関
  • 京都大学大学院理学研究科生物物理学教室
研究機関
  • 京都大学大学院理学研究科
報告名称 ペプチドでTリンパ球の特異性をさぐる
報告概要 Tリンパ球の抗原認識の分子レベルでの機構を明らかにするために,合成ペプチドライブラリーをもちい,数種のMHC(主要組織適合性抗原)分子についてペプチド結合の特異性を調べた。また,抗原レセプターとMHC-ペプチド複合体の会合の特異性についても検討した。OX8ライブラリーを用いたMHCクラスI分子のペプチド結合の特異性を図3に示した。ペプチドの位置ごとに適合するアミノ酸の種類や結合にたいする貢献の度合いが違うことが分かった。ペプチド結合のGibbs Free Energyを考慮した数式から,任意のアミノ酸配列を持つペプチドについてMHC-Iとの結合能を予測するスコアリング法を考案した。スコアリング法を用いて,癌に特異的なTリンパ球を誘導するペプチドをスクリーニングした。ヒトの骨髄性白血病細胞で高発現している転写因子についてMCH-Iに結合が予想されたペプチドでTリンパ球が誘導できた(図1)。
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

R993100834_01SUM.gif R993100834_02SUM.gif
研究分野
  • 基礎腫よう学一般
  • 細胞生理一般
  • 生物学的機能
  • 生物科学研究法一般
  • 抗原・抗体・補体の生化学
関連発表論文 (1)Decrypting the structure of cytotoxic T lymphocyte epitopes with complex peptide libraries. K.Udaka, K.-H. Wiesmueller, S.Kienle, G.Jung and P. Walden. in Current Topics of Molecular Evolution, P. 189-197. 1996
(2)Impaired induction of cytotoxic T lymphocytes by antagonism of a weak agonist borne by a variant hepatitis C virus epitope. T. Kaneko, T. Moriyama, K. Udaka, K. Hiroishi, H. Kita, H. Okamoto, H. Yagita, K. Okumura and M. Imawari, Eur. J. Immunol. 27, 1782-1787. 1997.
(3)Decrypting class I MHC-bound peptides with peptide libraries. K. Udaka, TiBS (Trends in Biochemical Sciences) 21, 7-11. 1996.
(4)Cancer immunotherapy targetting Wilms' Tumor gene WT1 product. K. Udaka, Y Oka, A. Tuboi, O. A. Elisseeva, H. Ogawa, K. Aozasa, T. Kishimoto, and H. Sugiyama. J. Immunol., 164 1873-1880,2000.
(5)An automated prediction of MHC class I-binding peptides based on positional scanning with peptide libralies. K. Udaka, K. -H. Wiesmueller, S. Kienle, G. Jung, H. Tamamura, H. Yamagishi, K. Okumura, P. Walden, T. Suto, and T. Kawasaki. Immunogenetics, 51, 816-828, 2000.
研究制度
  • 「さきがけ研究21」、「場と反応」領域/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 宇高 恵子. ペプチドでTリンパ球の特異性をさぐる. 「さきがけ研究21」研究報告会「場と反応」領域 講演要旨集(研究期間1994-1997),1997. p.41 - 48.

PAGE TOP