TOP > 研究報告検索 > レーザーにより生成した光励起分子場による有機磁性系のスピン整列制御

レーザーにより生成した光励起分子場による有機磁性系のスピン整列制御

研究報告コード R013000009
掲載日 2003年10月1日
研究者
  • 手木 芳男
研究者所属機関
  • 大阪市立大学大学院理学研究科
研究機関
  • 大阪市立大学大学院理学研究科
報告名称 レーザーにより生成した光励起分子場による有機磁性系のスピン整列制御
報告概要 レーザー光で生成した励起分子の場を利用した,有機磁性系でのスピン整列の制御を目的とするもので,このためには有機磁性系が元来基底状態において持っているラジカルのスピンと光で生成した励起状態との間での分子内部スピン整列と励起状態にあるそれらの分子間でのスピン整列の2つを実現する必要がある。具体的には,光励起状態にする部位をスピンの源として安定有機ラジカルを一分子中に集積した系を用い,それらの光励起状態での分子内スピン整列とそれらの分子をもとにした有機電荷移動結晶系を作成し,レーザー光による励起分子場を利用した分子間スピン整列の可能性を研究した。今回特に,アントラセン環を始めとするπ共役した縮合多環芳香族を有する安定ラジカルを合成し,その電子状態とスピンの整列を調べた,その結果π共役有機スピン系における光励起分子内スピン整列を達成することができた。
研究分野
  • レーザの応用
  • レーザ照射・損傷
  • 励起子
  • 磁性理論
関連発表論文 (1)Y. Teki, S. Miyamoto, M. Nakatsuji, Y. Miura, “π-Topology and Spin Alignment Utilizing the Excited Molecular Field: Observation of the Excited High-Spin Quartet (S=3/2) and Quintet (S=2) States on the Purely Organic π-Conjugated Spin Systems”, J. Am. Chem. Soc. 123,5684-5694 (2001).
(2)Y. Teki, M. Nakatsuji, Y. Miura, “Spin Alignment between the Triplet Excited State of Phenylanthracene and the Dangling Verdazyl Radical as Studied by Time-Resolved Electron Spin Resonance.”, Int. J. Mater. Sci. B, B15, 4029-4031 (2001).
(3)Y. Teki, S. Miyamoto, K. Iimura, M. Nakatsuji, Y. Miura, “Intramolecular Spin Alignment Utilizing the Excited Molecular Field between the Triplet (S=1) Excited State and the Dangling Stable Radicals (S=1/2) as Studied by Time-Resolved Electron Spin Resonance: Observation of the Excited Quartet (S=3/2) and Quintet (S=2) States on the Purely Organic π-Conjugated Spin Systems”, J. Am. Chem. Soc., 122, 984-985 (2000).
(4)Y. Teki, K. Iimura, “Time-Resolved Electron Spin Resonance Detection of the Mobile Triplet Exciton in a Charge-Transfer Crystal”, J. Luminescence 87, 296-298 (2000).
(5)Y. Teki, K. Iimura, M. Sato, and Y. Fukuda, Y. Miura, “Optical and Magnetic Resonance Studies of Ground and Excited Spin Strates on Some Open-Shell Organic Radicals”, Mol. Cryst. Liq. Cryst., 334, 305-312 (1999).
(6)Y. Teki, R.F. Ismagilov, and S.F. Nelsen, “Intra- and Intermolecular Exchange on Symmetrical Hydrazine Diradical Dications and Comparison of the Magnetic Exchange with ET Parameters Derived from Their Optical Spectra”, Mol. Cryst. Liq. Cryst., 334, 313-322 (1999).
研究制度
  • さきがけ研究21、「状態と変革」領域/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 手木 芳男. レーザーにより生成した光励起分子場による有機磁性系のスピン整列制御. 「さきがけ研究21」研究報告会「状態と変革」領域 講演要旨集(研究期間1997-2000),2000. p.10 - 11.

PAGE TOP