TOP > 研究報告検索 > マンガン酸化物の光スイッチ効果

マンガン酸化物の光スイッチ効果

研究報告コード R013000013
掲載日 2003年10月1日
研究者
  • 守友 浩
研究者所属機関
  • 名古屋大学大学院工学研究科
研究機関
  • 名古屋大学理工科学総合研究センター
報告名称 マンガン酸化物の光スイッチ効果
報告概要 マンガン酸化物は,伝導電子とMnの局在スピンとの間にオン・サイトの強い強磁性交換相互作用が働いている。そのため,伝導電子のエネルギーがそのスピンの向きに依存して,3eV程度分裂する。伝導電子のスピンと局在スピンの向きが反並行の状態は,平行の状態に比べ3eVエネルギーが高い。これが交換相互作用によるギャップである。この交換相互作用によるギャップは,光吸収で観測することができる。本研究では3eV付近に温度に顕著に依頼する吸収帯を見つけ,その磁化依存性より,ギャップ間の電子遷移に帰属した。光遷移はスピンの向きを反転できないため,強磁性相ではこの吸収帯が消失してしまう。従って,この研究では,このギャップ間遷移をスピン系の乱れのモニターとしても使用できる。マンガン酸化物の光スイッチとして,
(1)光照射によるスピン系の擾乱
(2)抵抗率の光制御
(3)室温での透過率制御
についての成果をまとめた。
研究分野
  • 光物性一般
  • 光伝送素子
  • 電子構造一般
  • 塩基,金属酸化物
関連発表論文 (1)Y. Moritomo, et al., Phys. Rev. B56, 5088-5091 (1997).
(2)A. Machida, Y. Moritomo et al., Phys. Rev. B58, R4281-R4284 (1998).
(3)T. Akimoto, et al., Phys. Rev. B57, R5594-R5597 (1998).
(4)Y. Moritomo et al., Phys. Rev. B58, 5544-5549 (1998).
(5)Y. Moritomo et al., J. Phys. Soc. Jpn., 67, 405-408 (1998).
(6)Y. Moritomo, et al., J. Phys. Soc. Jpn., 68, 631-636 (1999).
(7)Y. Moritomo, Aust. J. Phys., 52, 255-268 (1999).
(8)Y. Moritomo, Phys Rev. B59, 10374-10377 (1999).
(9)Y. Moritomo et al., Phys. Rev. B60, 9220-9223 (1999).
(10)A. Machida, et al., Phys. Rev. B62, 3883-3887 (2000).
(11)A. Machida, et al., in press.
(12)A. Machida, et al., Phys. Rev. B58, 12540-12542 (1998).
(13)Y. Moritomo, et al., Phys. Rev. B59, 8789-8794 (1999).
(14)Y. Moritomo, et al., Phys. Rev. B59, 157-160 (1999).
(15)K. Matsuda, et al., Phys. Rev. B58, R4203-R4206 (1998).
(16)X.J. Liu, et al., Jpn. J. Appl. Phys., 39, L670-L672 (2000).
(17)X.J. Liu, et al., submitted.
(18)K. Matsuda, et al., submitted.
(19)X.J. Liu, et al., submitted.
(20)R. Yamamoto, et al., Phys. Rev. B61, R5062-R5065 (2000).
(21)Y. Moritomo, et al., Phys. Rev. B61, R7827-R7830 (2000)
(22)Y. Moritomo, et al., Jpn. J. Appl. Phys., 39, L360-L362 (2000).
(23)Y. Moritomo, et al., J. Phys. Soc. Jpn., 69, 1723-1726 (2000)
(24)Y. Moritomo et al., in press.
(25)X.J. Liu, et al., Phys. Rev. B59, 7925-7930 (1999).
(26)X.J. Liu, et al., J. Chem. Phys. 110, 9174-9178 (1999).
(27)X.J. Liu, et al., J. Phys. Soc. Jpn., 68, 3134-3137 (1999).
(28)X.J. Liu, et al., Phys. Rev. B61, 20-23 (2000).
(29)X.J. Liu, et al., J. Phys. Soc. Jpn,., 69, 1267-1270 (2000).
(30)Y. Moritomo, et al., Nature, 380, 141-144 (1996).
研究制度
  • さきがけ研究21、「状態と変革」領域/科学技術振興事業団
研究報告資料
  • 守友 浩. マンガン酸化物の光スイッチ効果. 「さきがけ研究21」研究報告会「状態と変革」領域 講演要旨集(研究期間1997-2000),2000. p.18 - 19.

PAGE TOP